--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.01.15

眼が良い

2日ほど前、約一年振り、その前は成人式にあって以来のヤツから連絡が来た。
日曜、鍋やらん?
何だこの精細さに欠けた内容は。
時間的に参加可能か微妙であったが、通常2人で4時間掛かる作業。
を、1人で3時間という驚異的なスピードで終わらせて。
日曜午後6時。
参加人数、開催地、その他必要事項を全く連絡されないまま待ち合わせ場所に向かう。

其処にはヤツ一人が居た。
てめぇ、電話で「皆待たせる」って言ってたじゃねーか。
集合場所が私の中学の母校であった為、帰宅後徒歩で向かうところを。
帰りがメンドクサクなる事を承知で単車で向かったと言うのに。
コイツのテキトーぶりは健在か。
と思っているうちに時間厳守できていたヤツが居た。
これで私を含め3人。
何人来るのか訊ねると後2人?と返ってきた。
其処はクエッションマークを使うところじゃねぇYO
といっている間にもう一人到着。
こいつの家で鍋をやるらしい。
どこか店に行くんじゃねぇのか。
そして遅刻して来たヤツが登場。
これで5人。
参加者はこれで取り敢えず揃った。
で、何処へ行くのかと思えば
これから買出しに行くべ。
と向かった先が名古屋デパート4強の4Mと呼ばれるうちの多分最下層。
どちらかと言うとデパート経営より電車じゃねぇのと個人的に思うが。
家から徒歩5分の名鉄パレ神宮前百貨店。
なら初めからここに集まるようにしておいてくれよ。
ヤツ曰く、行く場所は集まってから決めれば良いと思ってさ。
このノープラン男めが。

ここで、4人の名前は晒せないのでイニシャルにて紹介しておく。
ザ・ノープラン男
時間通りにに居たM
開催地提供者K
遅刻ブルジョア野郎T

夕飯の買出し時期を逃したデパートの食品売り場で、
野郎5人で鍋の材料の買出しを始める。
取り敢えずネギだな。
ネギはいるな。
やっぱネギは必要不可欠だな。
てめえは葱しか頭にねぇのかとYに突っ込み。
まいたけやらえのきやらをカゴヘ入れる私。
なんというか、本来の私の突っ込み気質がかなり表に出てしまっているな。
慣れない所為か食品売り場を右往左往、というか。 ブルジョア野郎、そっちはお菓子コーナーだっつーの。
あーでもないこーでもないとガサガサと結構な量を買う。
当然酒も買う。
〆て6067円也。
荷物を自転車で来たヤツに任せ、場所提供者、Kの住んでいるマンションへ。

全員が同じ小学校出身で要するに地元人。
この辺の地理は流石よく知っている。
が、私はKの家周辺には殆ど来た事がない。
小学時分、遊ぶといったら同じマンション地帯に住む奴等とばかり遊んで居たからか。
なんか少し距離を感じる。
15分ほどで到着し、驚いた事がある。
お邪魔をしリビングにて出迎えてくれたのが0歳児であったこと。
どうやらKの娘さんだそうな。
で、お相手は
何年か前に私、相方とあなぐま氏の3人で近くの白木屋にて飲んでいたところ。
相方が店員が中学の同級生であることに気が付いた。
その店員の人と私は3年生の時には同じクラスであったにも拘らず、私は全く思い出せなくて。
帰宅後卒業アルバムを見て名前があることを確認した、旧姓になるのかな?
というか下の名前思い出せないので旧姓のイニシャルで(ぉ
Nとの間の子供だと言うから驚きだ。
Kとは中学が違うので何処からどういう巡り合わせがあったとか。
そんな話は全く聞いても居ないし興味も無い。
そんなことよりこの子供が可愛いったらありゃしない。
野郎5人、子供に釘付けになっていた。

さて、準備に取り掛からなくてはなるまいと
買って来た材料を斬ったり切ったり伐ったり。
てか、鍋の準備なんて葱とか白菜とかキノコ類切る以外になにするってんだよ。
出汁はメンドクサイからといってなんか寄鍋の汁みたいなパックのヤツ。
で、具材をドサドサ突っ込んで煮詰まるのを待っている間にも赤ん坊に釘付け。
いや、それ以外にも話してましたよ。
同年代が集まると、例え合う機会が殆ど無くても何かしら話す事ってあるんですよね。
同じ環境で育ったとか、同じ世代だとか。
それだけで考え方とか、感じ方とか。
やはり何処かしら共通点と言うのは出てくるし。
話題は尽きることなく時間が経ち、鍋も食べごろになる。
実はもう一人来る事になっていたが遅いので食べ始めようとした矢先。
Yにソイツから連絡が入ると言う絶妙なタイミング。
迎えにいったYが出て行ったがもう俺たちは止らない。
箸は鍋へ向かい。
食材は口へ入る。
喉を通り胃へ
あー美味い。 それ以外に言いようがあるだろうが、私はレポーターでもなければ美食家でもない。
書くのを忘れていたが、メイン食材はYが持参してきた イベリコ豚 の審査落ちの2等級。
審査落ちだろうと美味いものは美味い。
訊くと松坂牛よりグラム単位で高いそうな。
具体的にはパレで買った酒食材の金額の1/3の値段もする。
で、普通の豚と味の違いはどうなのかというと
ハッキリ言って判らん。
豚は豚肉の味しかしません。
どうやら肉の味というよりも、そに肉から出る出汁が良いらしく。
煮汁のしみた白菜、葱、豆腐が美味い美味い。
結構減ってきたので第2陣投入後、Yが最後の参加メンバーを連れて返ってきた。
正直に言おう、誰?
紹介の為に周りが呼んでいたあだ名から
Bと記述する事にして。
これで7人全員集まったという事で酒を空けて乾杯。
まー何故かその前にブルジョア野郎Tは空けていやがったが。

酒が入るとはっちゃけるかと思いきや。
何故か話題が社会的な話ばかりになる男連中。
なに、俺たちって実は真面目?
食べる前と同じで、話題に尽きる事は無く。
現状、人間関係、懐かしいヤツの話、本当になにを話したのか覚えが無いぐらい。
実に楽しく、時にに寂しく。
非常に有意義という言葉では足りないのではないかと思うほどの時間を過ごした。
明日も朝から仕事という事でBが帰ったのを皮切りに、時間も時間なのでお開きという事に。
独り暮しをしているYと別れ、
たかだか一駅というのに地下鉄に乗るTと別れ、
途中まで同じ方向であるMとも判れ、単車を押しながら岐路に着く。


居酒屋のバイトから調理師免許を取ったヤツ。
会計士目指して勉強、3年目に入るヤツ。
役者目指して劇団で頑張っているヤツ。
結婚して子供が居るヤツ。
子育て中のヤツ。

同年代、スタートラインは同じ。
現在私は何処を走っているのだろうな。

この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/11-08d34cf2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。