--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.14

女心と秋の空、山の天気と温泉宿

9月10日・3日目

朝7時、雨音で目が覚める。
今日は生憎の雨のようだ。
雨天装備用に荷造りをして朝食を食べにいく。

食べていると相席をされた。
愛媛の大学に通っていて、卒論のためにここ
いちょうの樹に寝泊まりしているという。
出身が豊橋だとか、こちらが原付で旅してるとか
いろいろ話ししたけどあんま覚えてない。
女性だったから。

食べ終わる頃には雨が上がっていたが
山の天気は変わりやすい。
元に戻すのもめんどくさいのでそのまま出発。

始めにいっておくと
今日は道の駅と佐田岬しか無いぜ。
道は国道197号を佐田岬に向かって走っているだけ
という、非常にシンプルなもの
目的に一直線って素敵だよね

道の駅鬼北町
2007年9月10日その22007年9月10日その32007年9月10日その4

道の駅きなはい屋しろかわ
2007年9月10日その52007年9月10日その62007年9月10日その7

道の駅清流の里ひじかわ
2007年9月10日その82007年9月10日その92007年9月10日その102007年9月10日その11

途中止まって景色撮ってたら
2007年9月10日その12
こんなの見つけた
2007年9月10日その132007年9月10日その14
さらにこんなものも
2007年9月10日その152007年9月10日その16
ローソンが赤いよママン


道の駅伊方きらら館
2007年9月10日その172007年9月10日その182007年9月10日その19
じゃこカツがすんげぇ美味かった
2007年9月10日その202007年9月10日その212007年9月10日その22


ここでおばちゃんライダー2人に合う。
ジャケットが私とお揃いだったのは置いておいて
どうやら目的地が同じく佐田岬らしく
向こうで会えるかもね~とか話した。
おばちゃんは中型車だったので出発とともに
こちらは見事においてけぼりでしたけどね

道の駅瀬戸農業公園
2007年9月10日その232007年9月10日その242007年9月10日その252007年9月10日その26

岬が近付いてきた
2007年9月10日その272007年9月10日その28
三崎港から佐田岬まで15kmって結構あるなぁ
佐田岬到着も最西端の灯台まで1.8km
しかも徒歩
30分ほど歩くしか無い様子
ここまで来たんだからと軽い気持ちで挑んでみたら
とんでもない坂道の急勾配が続いてる。
観光客殺しな道を只管歩くと
2007年9月10日その29
ようこそと歓迎されてもこちらはヘトヘト
灯台に到着も
2007年9月10日その302007年9月10日その31
さらに登れと
登ってみても何も無く
2007年9月10日その322007年9月10日その33
遥か彼方に九州が見えるだけ

因に、灯台でおばちゃんライダーに再び出会った。
凄い早いね~原付恐るべしとかいわれたが
道の駅寄ったりしてるのに早いとは思えん
逆にどうしてそっちがそんなに遅いのか気になるわ。

何も無いのでそうそうに立ち去り
展望台のあるところに行くも
2007年9月10日その34
こちらも同じく何も無い
まだ一歳になろうかという子供を抱えたご夫婦が居たぐらいだよ。
シャッターをお願いされたのは言うまでもない。
本当に何も無いからって
2007年9月10日その35
こんなに豪華なホワイトボードが完成してたよ。


全く持って観光地然としていない佐田岬に
正直落胆し、戻ってきた客にシツコく名産品を売ろうとする
おばあちゃんにもガッカリ
相当無駄に体力と気力を消耗し空腹感もMAX
もう1時半になろうとしている。
おばちゃんライダーがまだ居たよ
お先に出発して灯台をおりる

途中で
2007年9月10日その36
これ許可取ってあるのか?
的な看板を発見
本当は
2007年9月10日その37
風車が撮りたかったんだよ。
と、軽く寄り道しつつ
取り敢えず来た道を戻り、道の駅瀬戸農業公園で昼食
相方が食べた
2007年9月10日その38
じゃこ丼が凄く美味そうだった。
を、やっと済ませ、時刻は3時。
これからは目的を果たしたので帰路
帰り道である。


県道を通って高知に戻る途中
2007年9月10日その392007年9月10日その40
凄いのどかな所を過ぎて
こんな町を通った
2007年9月10日その41
どこかで聞いたことのある名前ですね。
道の駅もある
2007年9月10日その422007年9月10日その432007年9月10日その44
米だって売ってるぜ!
2007年9月10日その45
凄いぜみま!

さらに道の駅
2007年9月10日その462007年9月10日その472007年9月10日その48
道の駅広見森の三角ぼうし
2007年9月10日その49
休業って


道の駅虹の森公園まつの
2007年9月10日その502007年9月10日その512007年9月10日その52
時間的にも景色が良かった。


午後五時半頃に高知に入る
2007年9月10日その53
看板をよく見ると国民休暇県と書いてある。
そこで働く人も居るだろうとかいろいろ突っ込みたい
四国に行ったのに四万十川を見ないなんてあり得ない
とまでは行かないが、行っておきたいところなので
一路目指すは四万十川

でも道の駅だけどな
2007年9月10日その542007年9月10日その552007年9月10日その56
道の駅四万十とおわ
ものすごい奇麗な
地図に載って無いぐらい新しいところだった。

走っているともう夕方
2007年9月10日その57
夕日が奇麗とか言っている場合じゃない
宿探さないと野宿とか無理ぽ
土佐大正まで降りれば何かあると思ったが
役所は閉まってて入れない
手頃な民宿見つけるも誰もいない
仕方なくガソリンスタンドの店員に
どこか泊まれるところないか聞くと
一軒の温泉宿の電話番号を渡してくれた。
電話して値段を聞いてびっくり
一人一万五千円
昨日と一昨日の分足しても足りない金額を
一晩で使うのか
でも、探している時間もないし仕方ない。
場所を聞いて行ってみるも
日の落ちた山道を登る
ものすごく怖いんですけど・・・
スタンドのおじさんに若干イジワルされた気分になった。
だいたい20分ぐらいかな、入り口らしきところを発見。
荷物を持って佐田岬のように急でくらい坂を降りて
ロビーに入る。
部屋に案内され疲れた体を投げ出す。
でも、明日のこと考えると
とっとと風呂に入ってこないといけない
時間が無いと判っていても折角の温泉だからと
結構ゆったりとお湯に浸かり疲れをとる。
で、食事を部屋に持ってきてくれるんだって!
さすが秘湯温泉宿
それが豪華なの
2007年9月10日その58
食べきれないのは判ってるから取り敢えず全部摘む感じで
結局殆ど食べた。
ウナギが食べれたのは嬉しかったなぁ。
食事も終わって仲居さんを呼んで布団を敷いて後は寝るだけ。
明日は朝6時起きの予定
でないと、いや
それでも徳島を出るのは夕方過ぎる計算になる。
今日はもうとっとと眠って明日に備えよう。
と思いつつもこんなもの書いているからもう11時だ。
眠たかったら明日フェリーで寝れるから良いや。
もう相方寝てるし、私も寝ることにしよう。
おやすみなさい、それでは明日も書ければまた明日


本日の走行距離
2007年9月10日その59
290.2km


この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/167-792600e2
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。