--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.09.15

記録はイチロー君、記憶は僕でって言ったのは誰だっけ

9月11日・4日目

携帯のアラームが鳴る
時刻は午前5時40分
こんな朝早くからなにをするのか。
6時半の出発予定にはまだ早過ぎる。
答えは朝風呂だ。
折角高い宿泊費払ったのに滞在時間10時間ちょいなのは勿体無過ぎる。
せめて温泉ぐらいもう一度味わって生きたいのだ。
早すぎて朝食もキャンセルになったしな。
なんて独りごちていたら相方が起きた。
あの低血圧の相方が起きた。
あの二度寝大魔王相方が起きた。
あの(ry
訊いてみれば、一人で行くなとのこと。
断る理由も無し、二人で朝風呂と洒落込む。
明け方の山が予想以上に寒いことを経験しているので
十二分に身体を暖め準備万端。
一時の寛ぎの間を後にする。


ロビー前には河のせせらぎを聞きつつ風流に過ごせる
癒しの空間があるのだが
面目ない、写真のピント合ってなくて
とても載せらるものではないので、相方の方で確認してくれ。
昨日暗くて撮れなかった入り口ぐらいは
2007年9月11日その1
ちゃんとしてるから。

トンネルで相方がタオルをすっ飛ばしたりしながら
朝の山道を下る。
2007年9月11日その2
写真左上の山の方白んでるのはカメラのせいではなく
本当に濃い朝靄がかかっていました。

で、こちらも昨日撮れなかった
2007年9月11日その32007年9月11日その42007年9月11日その5
道の駅四万十大正
ルートは一先ずこのまま381号線を走り
30分程で
2007年9月11日その62007年9月11日その72007年9月11日その8
道の駅あぐり窪川

取り敢えず朝食ためにコンビニを探す
10分ほどで見つけるが
この一帯は多分此処にしかないんだろうなという位の盛況ぶり
体が冷え切っていたのでこの時期におでんを食べることにした。
この地方ではからし味噌をつけて食べるんですね。
赤味噌は・・・・・無いわな

それから順調に2日前に通った須崎を過ぎ
2007年9月11日その9
正に運命の分かれ道となる橋を渡った。
そういえばここで空を見上げたら鷹が飛んでたな。
鷲かもしれないが・・・
高と鷲の区別は無く、大きさによって別けているだけなんですよ。
イルカとクジラの関係と同じです。

494号に乗り換えてから程なくして
2007年9月11日その102007年9月11日その112007年9月11日その12
道の駅土佐和紙工芸村

並走する仁淀川の綺麗さは異常
2007年9月11日その132007年9月11日その142007年9月11日その15
水が透き通っていて、少し深いところが青緑になっているのが滅茶苦茶綺麗
堀川なんかとは比べる対象が間違ってるな。
四国にある河川ってほとんどが清流なのかな?

そこから10分しないうちに
2007年9月11日その162007年9月11日その172007年9月11日その18
道の駅633美の里
むささびのさと、と読みます。
ここ、エンジン切らずに写真だけ撮ってそのまま出て行くという
滞在時間3分の最短記録を作った、かもしれん

これまた10分ぐらいすると今回2度目の迂回指示。
2007年9月11日その19
土砂崩れで路が塞がっていました

今日も道の駅が多いぜ
2007年9月11日その202007年9月11日その212007年9月11日その22
道の駅土佐さめうら
ここに入る直前で
歩道と車道の間の段差と砂利のせいでコケました。
砂利に足場を取られ、段差が上れずパタリコと。
幸い速度はそんなに出ていなかったので軽傷ですんだのですが
後続のトラックとか対向車の視線がとても恥ずかしかった。

昼前に
2007年9月11日その232007年9月11日その25
2007年9月11日その24
道の駅大杉にて早目の昼食。
碁石茶うどんというのを食べたんですが
2007年9月11日その262007年9月11日その27
見た目蕎麦っぽいんですが食べるとかすかにお茶の風味がして
なかなか美味しかった。

それから京柱峠を登る。
2007年9月11日その282007年9月11日その29
こんな路をひたすらに一時間ほどで頂上に到着
2007年9月11日その302007年9月11日その31
流石に景色は良かった。
2007年9月11日その32
うどん屋営業中。食べる時間無し

降りは
2007年9月11日その33
徳島県なんですね。
登りも路面状況は良くなかったけど
2007年9月11日その342007年9月11日その35
降りはもっと良くなかった。
コレはまだマシな方で
アスファルトが割れて削れて荒れ放題
25号の一部分とか目じゃない
轍に溜った砂利とか木屑とか木の葉とかそのまま
所々工事中の札がついているが、どれも舗装しているとは思えない。
安全作業とか書く前に路面の安全を確保してくれよ。

本日2回目の迂回路
2007年9月11日その36
崩落してました。
迂回路から戻ると今度は
2007年9月11日その37
工事による通行制限が行われていて
現在の時刻は
2007年9月11日その38
1時45分
40分間の足止め。休憩としよう。
2007年9月11日その392007年9月11日その402007年9月11日その41
虹の谷公園っていうんだね此処。
公園というほど広くも無いし遊べるわけでもないけど

充分に休息を摂りいざ剣山へ
こちらも路面状況は良いとは言えず
登ってみるも頂上まではロープウェイで登らないといけないみたいで
テキトーな場所で記念撮影。
2007年9月11日その422007年9月11日その43
頂上付近から1時間半ほどかけて降りて
2007年9月11日その442007年9月11日その45
道の駅温泉の里神山で休憩。
峠越え3連続のお陰でかなりの疲労感。
2007年9月11日その46
でも休館日
その後、疲れのせいで結構記憶はおぼろげ
また少し峠を登って降りたら徳島市に入り
夕食時だからコンビニで食料を調達
フェリー乗り場に到着後、待合室でそれを食べ
乗る頃に雨が降り始め
出発したものの、眠気が全く来ないまま30分が過ぎ
甲板に出るも雨と風で何もすることなく
明らかな阪神ファンに混じって野球を見て2時間を過ごし
相方が起き、雨天を確認し、装備変更。
和歌山港から父親の実家がある岸和田まで
雨の中ただひたすらに走り続け
到着したのが10時半

雨で冷え切った身体を風呂で暖め
カレーだというのにビールで乾杯しだすし
日付も変ってもう寝るというのに煩いし
タダ宿と明日の為に此処まで来たんだし
まぁいいか
明日はゆっくりでいいとか言ってたが
とりあえず目覚ましは7時に鳴らしておこう
今日の様なスケジュールではもう二度と走りたくないと思いながら
眠りに就く。
フェリーで寝れなかったから眠気は直ぐにやってきた。

本日の走行距離
2007年9月11日その47
373km


この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/169-f7fa600e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。