--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.02

造次顛沛

7月26~28日の三日間で新潟県の親不知というところまでツーリングに行ってきまして
そのレポート的な何かをこれからツラツラと大量の写真と共に書き出すので
興味ない方は続きを読まなくて結構
基本的に自分の記録なので

初日
相変らず当日夜中三時に出発となると
何故か一睡も出来なくなるという病が発病
二時半から積載作業開始
指先が見えない闇の中でバックルはめたり位置を微調整したり
結構しんどいのです
部屋を往復している最中に相方から電話
起きてるかって、当たり前じゃないか
こっちは一睡もしてないのだからな
親不知ツーリングその1
積載完了
どう見ても原付に載せる量の荷物ではない
でももう見慣れてしまった感じがあるな
三時ちょっと過ぎに相方到着
出発前にメーターを記録
親不知ツーリングその2
今回の走行距離は如何程になるのか

取り敢えず国道19号線を直走り長野県松本市を目指す
19号は過去に数回妻籠・馬籠紅葉ツーリングとか行ってるし
前の仕事でよく使ってたのでなん妙な気分
擬視感っつーか、なんか仕事行く時みたいな~
今は違う仕事ですけど
途中から一気に気温が三度ぐらい下がるという
なんか寒くなったんでコンビニで休憩
眠気対策と水分補給を兼ねて
ホットのブラックコーヒーと900mlのポカリスウェットを
この時期に同時に買う珍妙な客を演出してみた
気温25度、走行中の体感温度だと-10度ぐらいなので
身体は結構冷えてしまうのでホットコーヒーが飲みたかったんだよ
長袖を着込んで再出発
それまでに相方がデジ一(ニコンD60レンズキット付きを)取り出して自慢しまくってたけど
軽くあしらっておいた

岐阜県中津川市に入り時間的にも朝食を食べたいところ
二人揃って、暖かいものが喰いたいな
なんて言っていたが
田舎の国道沿いで早朝に開いている飲食店なんてほぼ皆無
某牛丼屋の前にはトラックの運ちゃんが屯ってたなぁ
なんて思いながら何故か某道化師チェーン店でストップ
24時間普通に開いてるのって珍しくね?
という相方
うちの近くの国道沿いの店が24時間営業だが?
ドライブスルーだけじゃねぇの?
違うでしょ
( ・∀・)つ〃∩ヘェー
で、止ってしまったものだから
暖かいものが食べられるかはほっておいて
寒いので取り敢えず入店

こんな朝早くからこんな店に来る事は無いし
元々そこまで利用する方ではないので
なにを注文して良いか判らず
親不知ツーリングその3
メニュー左端にあったグリドルソーセージ&エッグセットを注文
基本紅茶党な私はレモンティーで身体を暖めつつ
朝食を頂く
・・・。
・・・。
・・・。
不味い・・・。

もう二度と頼まねぇと誓い再出発
して数十分
親不知ツーリングその4親不知ツーリングその5
道の駅きりら坂下を撮影だけしてスルー
そりゃ、まだ営業してないからね
親不知ツーリングその6親不知ツーリングその7親不知ツーリングその8
どっちか判らんけど
再々出発
今回はデジカメにストラップを取り付けて
走行中に撮影が出来ることを出発して4時間が経過してから思い出すという
相当などじっ娘っぷりを発揮
試しに撮ってみたが
親不知ツーリングその9親不知ツーリングその10
何を撮りたいのかがサッパリ判らない写真になった
親不知ツーリングその11
7時16分に長野県に突入

途中で睡魔に襲われて道の直線部分で記憶が飛んだりしているので
流石に拙いとだろうと思い
コンビニの駐車場に大の字になって寝た
何分寝たのか記憶にないが
起きた時には知らないおっちゃんに話しかけられて
バイクで大変だろ、ほい、これ差し入れ
と言って、某身体思いなスポーツ飲料を貰った
有り難いが、しまう場所が無いので
若干の有り難迷惑な気もする
多少の睡眠+某ファイト一発栄養ドリンクのお陰で眠気も飛び
只管走る
塩尻に入る手前で
ただ19号をトレースしていくのも詰まらないし県道走ろっか
ということで脇道に逸れるとそこはもうド田舎道
周りは田んぼだらけだぜ
親不知ツーリングその12親不知ツーリングその13
こういうときに走行中撮影の本領発揮だぜとか思ってたが
本当に撮りたいと思った瞬間と言うのが
なかなかうまく撮れず
かといって止るほどでもなく(時間的にも場所的にも
撮影を断念せざるを得ないものがチラホラとあったな

日も出てきて大分温かくなってきたので
近くのコンビニで長袖を脱いで居ると
親不知ツーリングその14
なぜがゆきだるまを発見
いや、石で出来ているから石だるまか?
よく判らんが
何故こんなものがコンビニの駐車場にあるのか不思議でならん

県道から19号に戻る際、若干の迷子になり
地図上で場所を確認すると
あ、近くに道の駅がある
ということで
親不知ツーリングその15親不知ツーリングその16
道の駅アルプス安曇野ほりがねの里
無事に19号に戻り明科を通過
親不知ツーリングその17
したら分岐点についてしまった
今回はここから長野市までの道程約2時間を別行動し
途中の道の駅を制覇してしまおうと言う魂胆であった
しかし時間的に昼飯時ということで
一旦戻って近くのコンビニで昼食
親不知ツーリングその18親不知ツーリングその19
ここは相方を習って麺類にしておいた
簡単に食事を済ませ何度目かの出発
再び分岐点
私がそのまま19号を走り
相方が403号で千曲高原へ
ツーリング始まって初の単体行動
いざ!
なんて気合入れた瞬間
親不知ツーリングその20
ゆっくりしていってね!
今までそんな看板なかったと言うに
最終的に長野着くまでに7個ぐらいあったぞこの看板
んで、着いたらもう見ないし
この区間だけあるね
親不知ツーリングその21親不知ツーリングその22
道は結構な田舎道
親不知ツーリングその23
近くを流れる犀川
基本、この河をトレースしていく道になる

国道19号は名古屋-長野間を結ぶ幹線道路なので
大型トラックも結構通って交通量も多い
なので所々で臨時駐車スペースが設けられているのだが
その一角にある飲食店
親不知ツーリングその24
疲れた体を、美味いものでも食って晴れ晴れとして気分にしたいところを
晴れたり曇ったりって店主はどうしたいねん
しかもゲームハウスなのか食事処なのかはっきりせぇ

なんて突っ込んでいたら
二つある道の駅のうちの一つに到着
親不知ツーリングその25親不知ツーリングその26親不知ツーリングその27
道の駅長野市大岡特産センター
長野の特産センターに併設してある飲食店で何故か
親不知ツーリングその28
北海道産小倉味ソフトクリーム?
信州なんだからリンゴ味とかにしておけよ

その後何の変哲もない川沿いの道を走ると
もう二つ目の道の駅に着いた
親不知ツーリングその29親不知ツーリングその30親不知ツーリングその31
信州新町
"し"が多いからローマ字にすると無駄に字数多くなるよね
正直何もないただのパーキングエリア
道も平坦で詰らない
食後と言うこともあってかまたも眠気が襲ってきた
眠いぞ~眠いぞ~なんて歌いながら
親不知ツーリングその32親不知ツーリングその33
待ち合わせ場所の長野県庁に到着
メール送るも反応なし
仕方なしにその辺をグルッと観光
親不知ツーリングその34
長野駅
親不知ツーリングその35
に辺なのが居た!
親不知ツーリングその36親不知ツーリングその37
NBS長野放送!

あと、写真とって無いけどアニメイト長野店!
何時来るか判らんし取り敢えず県庁前で待ってるか
親不知ツーリングその38
疲れたなぁ
あ、来た
予定より三十分遅れで相方合流
ここから善光寺の裏に出て県道37号を走り
国道18号に乗り換えて新潟県妙高市を目指す
今回は既に宿は予約済みなので時間的制約はないが
眠気がマックスになりそうなので早々に出発
写真が取れなかったのは非常に悔しいが
善光寺裏に曲がる交差点に
メイド喫茶の看板があったことだけ伝えておく
親不知ツーリングその39親不知ツーリングその40
あ~田舎だなぁ
標高が高いと言うこともあり
道中非常に過ごしやすく
良いなぁこういう所、住みたくは無いけど
と、毎回思う
親不知ツーリングその41
15時50分oitekeboriツーリング初の新潟県に上陸
看板の上に屋根をつけて雪対策をしているのが実に新潟っぽくて言い
で、この看板から30分もしないうちに宿に到着
親不知ツーリングその42親不知ツーリングその43
実は詳しい場所が判らなかったので相方の某林檎携帯で調べた
素泊まり2000円という安価のために選んだので
当然飯も風呂もない
取り敢えず喰うとこを探すために宿
夜は焼肉屋になるため仕込みで忙しそうなおっちゃんに手頃な飲食店があるか聞く
この辺は何にも無いよ
って、お~い
取り敢えず適当に出発
親不知ツーリングその44
途中でこんな観光案内を見つけたが
あまり役に立たず、結局また某林檎携帯で検索
どうも名産品というモノもあまりないらしく
親不知ツーリングその45
在り来りな定食屋に入ることにした
相方は醤油カツ丼、私はころっけ定食を注文
親不知ツーリングその46親不知ツーリングその47
明らかにご飯の量が異常です
どう見ても相方の丼よりも多い
味のほうは値段(これで450円)の割に美味しかったし
この量なのでかなり庶民的満足感を味わった
その後駅前の土産物屋を物色
私は結局何も買わずに宿に戻り
風呂はどうするのかと思ったら
隣の建物が市営の銭湯的なものがあるのでそこへ
親不知ツーリングその48親不知ツーリングその49
風呂の湯が滅茶苦茶熱くて相方はほぼシャワーのみ
私は普通に入れたが
夏場に入る温度ではないため出た後の汗で風呂の意味なし
宿に戻ってもすることもないので
そのまま就寝
親不知ツーリングその50
おやすみなさい
って、野尻湖でやってる花火の音が煩くて寝れねぇ・・・



二日目
朝六時半ぐらいに起きて荷支度
七時過ぎには出発
出発して数分
親不知ツーリングその51
上越市に入る
約10分後
親不知ツーリングその52
妙高市へ戻る
って、あれ?
この謎は地図でも見てください
18号走ってるだけです
親不知ツーリングその53親不知ツーリングその54親不知ツーリングその55
道の駅あらいを撮影後
朝飯どうするかという話をしていたら
親不知ツーリングその56親不知ツーリングその57
まさかの道の駅敷地内コンビニ
ここで朝食を済ませ再出発
前方を走行中の相方の車両から何かが落ちたので私は急停止
相方は全く気が付いていない様子
交通量も少ないので単車を降りて何が落ちたのか確認
拾って相方を追うと
親不知ツーリングその58
上越市の看板を悠長に撮っていやがりましたよ
お前、カメラのスタンド落としたぞ
え?全然気が付かなかったーさんきゅー
何処に入れてたのさ
ん?ここ
親不知ツーリングその59
と、ヒップバックの横にある網
写真は私の同型のバックですがどんな風にいれたのか判るかと
そりゃ落ちるわ
相方の積載方法に呆れながらも先へ進むと
親不知ツーリングその60親不知ツーリングその61
ほくりくしんかんせ~ん
なんとも可愛らしいキャラクターが描かれている
が、18号から正面で見える部分だけしか高架が作られていないんですが

と、相方が左折
事前に調べていたお土産を買いに行く為に県道198号へ
親不知ツーリングその62
なんだか古めかしい商店街が立ち並ぶ道に中
如何にも伝統的な建物を発見したら
親不知ツーリングその63
それが目的の店だったとか
まだ8時半だというのに営業しているようで
中に入って翁飴だったかな
相方がそんなの(覚えとけよ)を買ってから仕舞う場所が無いことに四苦八苦
そういうことは考えて買い物はしような
私は瑠璃飴という寒天の様なモノを買った

その後国道8号線、日本海を目指し微妙な街中を走行
なんというか、開発具合が中途半端というかなんというか
この辺は都会人だから抱く感想なのかななんて思いながら
日本海が見えた!
親不知ツーリングその64親不知ツーリングその65親不知ツーリングその66
走行中の撮影なので巧く撮れてないが
取り敢えず海だ
気温も28度前後と非常に過ごしやすく
海風の所為でベタッとする気がしないでもないが
走っていると物凄く気持ちが良い
親不知ツーリングその67親不知ツーリングその68
途中の道の駅
マリドリームてなんやねん
親不知ツーリングその69
取り敢えずこの地域の食べ物は私には地獄でしかないことは判った(蟹しかねぇ
親不知ツーリングその70親不知ツーリングその71
途中の海岸線沿いの洞門が連続して居る場所は画的にも道的にも面白く

気が付いたら目的地である親不知
親不知ツーリングその72親不知ツーリングその73親不知ツーリングその74
って、道の駅だけどな

時間的にここで昼飯を食うことにしたのだが
如何せん値段が高い
昨日の晩飯の三倍が普通の値段だぜ
でも、出てきたものが値段がするだけあって非常に美味かった
親不知ツーリングその75親不知ツーリングその76
相方が注文したのがこの地方の名物であるたら汁の定食
私は同じものを頼むことはしないので鰤定食を注文
この鰤が鎌で出てくるとは思わなかった
私の大好物じゃないか
鎌の脂の載り具合が尋常じゃなく箸でほぐす度に溢れる脂
こういう脂は大丈夫なのに肉は駄目なんだよね

今回のツーリングでのピークがここだったといえる
テンション的にも飲食的にも
食べ終わり相方が某林檎携帯で天気を調べると
富山方面は雨確実っぽく、予定を変更して糸魚川から松本に戻るルートへ
先ほどの洞門を逆送し糸魚川まで戻り日本海を背に一路松本へ
国道148号を直走る
一時間ほど走ると雨が降り出したので
トイレ休憩に寄ったパーキングエリアで雨天装備に変更
完全武装完了後出発するも
トンネルを二つほど過ぎるともう降ってないとか
なんだかなぁという思いで
親不知ツーリングその77親不知ツーリングその78親不知ツーリングその79
道の駅小谷に到着
単車用駐車スペースに居た二人のライダーから
雨降ってましたか?
なんて聞かれるもんだから(そんな格好してるから
向こう(来た方向)は降ってましたね
と言ってたらここでも降り始め
二人のライダーは急いで合羽着始めてた
それを尻目に完全武装のまま出発
結局このままずっと雨は降り続け
撮影だけ
親不知ツーリングその80親不知ツーリングその81親不知ツーリングその82
と、寄った道の駅白馬で休憩中
私の頭痛が発症し、無料休憩室のベンチで横になり
相方は棒林檎携帯で宿探し
以前泊まった事がある旅館に電話するも満室
隣ぐらいの同じ様な旅館に電話し快くOKを貰い
結果一時間ぐらい休憩して出発
宿までずっと雨の中走ったので
道中なにも撮れないわ雨で身体が冷えるわで
昼間から一気に真逆の最悪なテンションで宿に到着
もう愉しみは宿の食事と温泉だけ
荷物を部屋に置いたら速攻で温泉に向かう
写真を撮り忘れたので明日の朝にして
問題は飯だ
態々部屋に運んできてくれる宿だったようで
若干戸惑いながらも
女将さんというか宿のおばちゃんというか
が、居なくなった途端二人してカメラ取り出して撮影しまくる莫迦二人
親不知ツーリングその83親不知ツーリングその84親不知ツーリングその85
親不知ツーリングその86親不知ツーリングその87親不知ツーリングその88
どれも美味くてとても幸せな気分のまま
食後耐え切れずに自分で布団を敷いてそのまま就寝
親不知ツーリングその89
時間にして午後八時
とても寝始める時間ではないと思っていたが意識はすぐに途切れた


三日目
朝五時過ぎに目が覚める
朝風呂に入ろうと思ってはいたが流石に早すぎる
携帯で将棋を一局上級レベルで軽く勝利したところで六時過ぎ
起きて風呂に行こうとしたところで相方も起床
親不知ツーリングその90親不知ツーリングその91親不知ツーリングその92
昨日撮り忘れた風呂は別館にあって
風呂に行くまでの雰囲気が非常に良い
風呂はまぁ普通というか個人的には下
折角の温泉なのに風呂場の雰囲気はほぼ皆無なんだよね
ま、飯が美味いから帳消しになるんだが
親不知ツーリングその93親不知ツーリングその94
その美味い朝食
この旅館で作ってるこの地方のなんとか豆腐が美味かったよ
朝食を食べている時に晴れていた空が突然の豪雨に
テレビをつけて天気予報を見ると
今日の松本は曇り時々雨
いや、今降ってますから!
待ってても止みそうにないので今日も完全武装の準備
親不知ツーリングその95親不知ツーリングその96
到着時に取れなかった宿の写真
雨の降ってるし寄り道も出来そうにないので着た道を帰ることに
国道19号をそのままトレース

昨日の教訓を生かして今日は
半袖Tシャツ+長袖Tシャツ+合羽を来て寒さ対策を
合羽といっても実はジャケットのインナーなので
袖が若干短く留めれないので走行中袖が捲れて雨が入ってくる
ので途中某スーパーに寄って髪留め用のゴムを買って袖口を留める対策をした
が、その数百メートル後にホームセンターによって
自転車用の合羽買えよ
と、相方が言うので上半身を覆うフード点きの合羽を購入
ゴムの意味ねぇ
これで半袖長袖Tシャツに合羽二枚という、夏場に着込む量じゃない格好をして再出発
朝の出発から二時間ほど
親不知ツーリングその97親不知ツーリングその104
道の駅木曽ならかわ
トイレ休憩に寄っただけ
何か土産物でもあれば買おうと思ったが特になく
親不知ツーリングその98親不知ツーリングその99
道の駅大桑
ここで昼飯
親不知ツーリングその100親不知ツーリングその101
この時季にこんなに温かい蕎麦が美味しく感じることは無いだろう
ここでも特に目ぼしい土産もなく
というか、雨天装備を解いて土産物を鞄に入れる事が面倒臭く
甘いものが食べたくてなんとか入り大福(忘れちゃった)を一つだけ購入
親不知ツーリングその102
普通の大福だったが・・・

その後本当に何も無く、ただ只管に19号を走り
途中県道に入ったりよく判らんが
寄り道もなく帰宅

後半は雨だけで本当に面白味の欠ける内容だったが
それまでの道も愉しかったし
何より鰤が美味かった
それに尽きる
親不知ツーリングその103
最後に総走行距離733km

この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/256-c13123c7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。