--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2008.08.23

知己朋友

15日の盆休みと翌日、翌々日の土日の三日間で淡路島に行ってまいりました。
もちろん原付で

以下レポート的なもの

今回、初日の15日は私だけ休みだったので
先行して父親の実家のある岸和田に単独で行くことに
独りで長距離を走るのは初めての事だったので若干の緊張感
そして現実感の沸かないまま出発の朝を迎える。
6時起床
いつもとそう変らない時間に起き、朝食
出発の準備
前日にほぼ何もしていない状態だったので荷造りをして装着

2008年8月23日その12008年8月23日その2
7時10分出発
取り敢えず1号線に出て只管西へ
関西方面に行く時の常套手段というか
それ以外に道がない
そして毎回、それこそ初回のツーリングから西方面に行く時に必ず立ち寄るサークルK
2008年8月23日その3
ここに来て思う
そういえば深夜出発ではないツーリングは久しぶりだと
コンビニの混み具合で時間帯の違いを痛感する

ただ単に岸和田に向かうだけでは詰まらないなと思い
前日にこの方面で寄っていない道の駅があれば行くが
と相方に訊ねると幾つか候補が上がったので
それらに寄って行こうと思う

2008年8月23日その42008年8月23日その52008年8月23日その6
先ずは道の駅菰野ふるさと館
ここに行くまでに若干迷ったが気にしない
時間的余裕は充分にある
簡単に撮影を済ませ
南下し亀山を目指す
1号線亀山バイパスにぶつかったら名阪国道方面へ
しかし、名阪国道は自動車専用なので旧道25号を使う
これも常套手段
2008年8月23日その7
二人とも好きな加太の風景
何故かここでいつも写真を撮ってしまう
通過儀礼的なもの
そこから少し行くと湖がある
あったはず
2008年8月23日その8
枯れてる・・・?
湖に反射して結構綺麗な風景なんですけどね
そんな景色もなく
2008年8月23日その9
晴れていて非常に綺麗な青空が広がっているだけでした
2008年8月23日その102008年8月23日その112008年8月23日その12
11時過ぎに道の駅あやまに到着
時間的には早いがここで昼飯を食べようと思ったが
特に目新しいものもないなと売店の端の方に行くと
2008年8月23日その13
伊賀流
なんて書かれたら食べるしかないじゃないか
2008年8月23日その14
と思って田楽たこ焼きなるものを食べたが
ただ単にソースが味噌ダレになっただけの代物だった

その後数時間ずーーーーーっと走るだけ
国道25号からそのまま真っ直ぐ走って国道165号
国道24号にぶつかったらそのまま奈良県を縦断
168号に乗り換えてもず~~~っと南下して着いたのが
2008年8月23日その152008年8月23日その162008年8月23日その17
道の駅吉野路大淀iセンター
富田林街道309号に出る為に南下していく序に寄っただけですが
岸和田に何かお土産をと思い売店を物色
なにかごはんのお供になるものと蒟蒻ラーメンを買った
写真は無い
その後予定通り309号を直走り
2008年8月23日その18
道の駅ちはやあかさかへ
看板どおりに左を向くと
2008年8月23日その19
どう見ても民家ですありが(ry
数十メートル先に行くとこんな立て看板を発見
2008年8月23日その20
看板の指示通りに進むと
2008年8月23日その212008年8月23日その222008年8月23日その23
ありました道の駅ちはやあかさか
道の駅としての施設ちっせぇ
ここも簡単に撮影を済ませ

もう一つある道の駅かなんへ
2008年8月23日その242008年8月23日その252008年8月23日その26
その後更にもう一つ羽曳野にも道の駅による予定だったが
奈良県を縦断して更に大阪に入って北上する気になれず
というか、ここからほぼ真横が岸和田
かるく作業に近くなってきてモチベーションはすっかり急降下
時間的十分によることは出来るがもう岸和田に向かうことに

4時20分には父親の実家にに着いたとさ
写真がほぼ道の駅しかないのは
散々通った道だし独りで特に止ることもなく
本当にただ只管走っただけだったから
始めから初日は移動だけだと思っていたからこんなものだ

二日目
この日も6時に起き祖母ちゃんと一緒に朝食
ゆっくり食事したところで相方に連絡
しばらく電話が鳴っていることに気が付かなかったのは
着信音を変えた所為
で、開口一番
もう着いた
ワケガワカラナイ
コイツは何を言っているのだろう
夜中に出てもう大阪に居る?
それなんてどこでもドア?
取り敢えず現実問題として既に大阪入りしている相方の事を考えると
こちらは早急に出かけなければなるまい
準備して単車に装備した時点で30分も掛かるとは思わなかったが
取り敢えず当初の予定通り7時半に出発
国道26号は高架が多く原付は無駄に信号に掴まるので
府道29号臨海線を只管北上
真上に高速が走り常に影が出来ているし
海からの風で走っていると非常に気持ちがいい
景観的な気持ちよさは皆無だが
途中から高速と一体化して原付が通れなくなったりしたが
すぐに29号に戻り
待ち合わせ場所である国道2号線と府道29号線がちょうどぶつかる
阪神野田駅へ向かう
途中から連絡しやすいようにハンズフリーを装備し電話を掛けたが応答なし
軽く観光するとかいってたが
先に到着するんじゃないかと思いながら走ってると
聞きなれたエンジン音
オハヨ
なんてさも当たり前のようにいつものポジション
私の左隣に停止する赤いジャケットの男
タイミング良く交差点で信号待ちしている時に合流なんて
それなんてエロゲ?
いや、エロくは無いが
待たされることも無く、携帯で事細かく連絡することもなく
そういう手間が省けたと言う点では非常に良かったか

合流後ハンズフリーを外し
カメラを首から提げていなかったので全く写真を撮っていないことに気が付き
コンビニにてそれらを装備したり解除したりしつつ
ここから明石まで一直線に向かう
国道2号線を走るだけ
しまなみ街道に行ったときの事を思い出しつつ
ずーーっと走ってふと相方が止った
2008年8月23日その272008年8月23日その282008年8月23日その29
明石藩舞子台場跡
ちょうどここから明石海峡大橋が望める
二年前は行けなかったが今回はあそこが目的地
行くぜ淡路島
と言うことでたこフェリー乗り場に到着
2008年8月23日その302008年8月23日その312008年8月23日その32
乗船券を買い
船の時間まで結構あるのでここで昼飯を食べることに
2008年8月23日その332008年8月23日その34
私はたこ飯セットを注文
そこまで美味いと思うものでもなく
食べてたら多分乗船予定である船の搭乗が始まっているではないか
急いで会計そ済ませ従業員に乗船券を見せるも
あーさっき呼んでたのにいなかったからー次のに乗ってー
と言われ、まさかの乗り過ごし
なんてこった
まーもう一回金払えと言われるよりもマシ
予定より三十分遅れてたこフェリーに乗船
相方は深夜2時出でいつもの如く全然寝てない
曰く一時間
というのに私の方が何故か眠くなってきて
乗船時間20分しかないと言うのに
ウトウトとしてしまい写真とか完全に撮りそこなってしまった

淡路島上陸
左回りで外周一周をもくろみいざ出発
なんかいきなり南国気分な道が続き
2008年8月23日その352008年8月23日その36
すぐに道の駅東浦ターミナルパークへ
2008年8月23日その372008年8月23日その382008年8月23日その39
何か土産物は無いか物色しようと思ったが
明日買ったほうが良いと思って結局何も買わず
出発

走行中傍目から見たら灯台か何かかと思ってたが
2008年8月23日その40
大仏か?何でまたこんなところに
といった感じでよく判らない
淡路島には謎が多いのか?
なんて思っていたら
2008年8月23日その41
ナゾのパラダイスてなんやねん
かなり古臭い看板
どう見ても左側は剥ぎ取られて
文字部分だけ残っているようにしか見えない
そんな看板が
2008年8月23日その422008年8月23日その432008年8月23日その44
数分間の道の間に合計4つ
四つ目の看板付近には
2008年8月23日その45
外されたであろう看板が置いてあり
謎が深まるばかり

更に進むと
2008年8月23日その48
世界超偉人500万人伝説紹介
なんていう超人的看板の建物を発見
超偉人500人分の資料が集められていると言うのに
ものっそい小さい建物なんだが
超偉人のくせに民族資料館だし
やっぱり淡路島は謎だらけ
かと思っていたら
ナゾのパラダイズの答えがここに
2008年8月23日その46
入っていないから詳しくは判らないが
ドライブスルー型テーマパークっぽい場所
というか、ただのキャンプ場と推測
車のまま入ってください
とだけ書いてある入り口に一応管理人のような人は居た
そこから数メートル行くと
2008年8月23日その47
またも看板が
もうええっちゅうねん
2008年8月23日その492008年8月23日その50
その後物凄い快走路な海岸線を気持ちよく走り
2008年8月23日その51
何気なく良い撮影ポイントでパシャリ
進行方向の雲行きが怪しくなってきて
ここで雨天装備に切り替えようと思ったが降ってくるまではいいだろう
なんて思ってたが
さっきの場所から数メートル進んだところで大粒の雨が降り出し
前回同様雨の中の走行
大粒の雨が視界を悪くしたせいなのか
若干道を間違えつつも淡路島最南端
2008年8月23日その522008年8月23日その532008年8月23日その54
道の駅うずしおに到着
ここから徳島に抜ける大鳴門橋が良く見える
2008年8月23日その55
こういう観光地に良くある
2008年8月23日その56
顔出して記念撮影するヤツ
案の定誰もやっていなかった
ここではこんなものが施設内で販売していて
2008年8月23日その572008年8月23日その582008年8月23日その59
どう見てもただのソフトクリームだが
左は淡路島特産の枇杷を使ったソフトクリーム
右はただのバニラかと思いきや
なんとたまねぎのソフトクリーム
たまねぎも淡路島特産品だが甘味にするのはどうかと思うが
ところがドッコイ
美味
これがまた美味しい
私がネギ好きだからということは置いてもこれはお勧め
だってたまねぎソフト食べたのは相方だもの

時間的にそろそろ宿の事を何とかしなくてはいけなかったので
今回も大活躍な林檎携帯
今から行って丁度よさげな位置で宿検索し直接電話
二件目でOKを貰っていざ宿へ
道の駅を出る頃には曇っていはいたが雨もすっかり止んで
一時間ほどで宿に到着
2008年8月23日その60
入り口から声をかけても何の反応も無かったので
目の前で電話を掛けて出てきて貰ったとか
出てきたおばちゃんに何処か食事できる場所を聞いたが
説明が早口の所為かちんぷんかんぷんだとか
いつも思うが、こういう民宿経営者は色々と面白い
人間的人柄的な意味でね

結局飯はコンビニで済ませ
早々に風呂にも入りのち、ご就寝
まー寝るまでに色々とあったが省略
旅とはほぼ関係ないからね

三日目
7時過ぎに宿を出て昨日のような快走路を走る
朝方で曇っているからか気温も高くなく風が気持ちよく
なんかずっと走っていたくなる気分
2008年8月23日その612008年8月23日その62
一番最初に見つけたコンビニで朝食
2008年8月23日その632008年8月23日その64
淡路島コーヒー
なんて見つけたら買うしかないじゃないか
そこから一時間ほど走ったところで淡路島最北端に到着
だからって何かあるわけではないが
2008年8月23日その662008年8月23日その65
明石海峡大橋とか瀬戸内海の向こうが明石市だとか
そういう景色があるぐらい
程なくして
2008年8月23日その672008年8月23日その702008年8月23日その69
道の駅あわじに到着
ここで土産物を物色していると
2008年8月23日その68
何故こんなところでガンダムネタ?!
ただの弁当屋で何処にも引っかかる部分が無いというのに
やはり謎が多いな淡路島
前回まったくと言って良いほど土産を買わなかったからか
結構鞄の活動限界ぐらいの量を買う
主に相方が
積み方がおかしい位に

道の駅あわじから数分でたこフェリー乗り場に到着
2008年8月23日その712008年8月23日その722008年8月23日その73
和歌山-徳島を結ぶ南海フェリーでも思ったが
片方の乗り場は施設が充実しているのに
もう片方は殺風景なのは何でだ
予算的な問題か?
そんなことはともかく
今度こそ乗り遅れないように単車置き場で待機し
すぐの船で明石に出発
前回は全く堪能していなかった教訓を活かし
乗って早々売店で限定Tシャツを購入
2008年8月23日その74
その売店にあったおおきなたこフェリーのマスコットと戯れて
2008年8月23日その752008年8月23日その76
明石海峡大橋をしたから撮影してる間に
私が買ったTシャツを買うかどうか悩んでた相方が
なにやら別のことで悩み中
何かと思いきや
Tシャツキャンペーンのクジでなにやら当選した模様
私は見事に外してたこファミリーシールだったというのに
2008年8月23日その77
温泉きっぷたこフェリー乗船券付だとぅ?!
何故このタイミングで当てるのか
詳しく見てみると使用期限が付いていて
9月20日まで
一月後にまた淡路島に来いと
いやいや無理でしょう
ということで完全に記念品になってしまった
なんてやっていたらもう明石に到着
20分なんてあっという間

明石に着いてからは完全に帰路
もう後は移動のみ
只管走るのみ
帰らないと翌日は仕事
oitekeboriツーリング史上最速記録で名古屋に到着してやるつもりで
本当に走るだけ
道なんて地図見なくても青看板だけで帰れるし
ただただ走るだけ
途中
2008年8月23日その782008年8月23日その79
前日の待ち合わせ場所だった阪神野田駅を撮影したり
2008年8月23日その802008年8月23日その81
相方が音の気に入った言葉を連呼する子供みたいになったり
2008年8月23日その822008年8月23日その832008年8月23日その84
前日の晩飯、朝食とコンビニだったから昼ぐらいは普通に飯を食いに店に入ったり
2008年8月23日その85
相方の地図上に存在した道の駅に行ったら閉館していたり
2008年8月23日その86
眠気で相方がコンビニで寝たり
2008年8月23日その87
時間的に色々とあった気がするが
現存する写真から思い出せるのはこれぐらいで
結局明石から8時間ぐらいで帰宅
初日独りで走った時よりも早く止らずに帰った
速過ぎ
2008年8月23日その88
総走行距離754.6km






この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/264-0e038499
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。