--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.03.23

愚者一得

たぶん第5回目となるはっぴぃせっとのオフ会
相方製作のしおり曰く
はっぴぃせっとオフ旅行in飛騨高山
だそうです
この前の日記にも書いたとおり
平日帰ってくるの遅いわ
土日では引越しの準備しなくてはならないわで
心身ともに疲れ果てていて
前日になっても行く気力が全く湧いてこない
超低テンション低モチベーションなグロッキー状態
それでも一応企画召集したのは私ですし
行かねば話にならんらしいので
色々と鞭を打っての参加?

それのレポ的なもの、取り敢えず一日目




仕事が忙しく、当日の予定とか全く聞いてない訳ではないが
正直、参加者の気分で望む当日の朝
何故か5時半に眼が覚めてしまい、禁書目録を読んで時間を潰し
朝食後、最終的な身支度を終え7時半ぐらいに出発
名駅へ向かう電車の中
たまごから電話が入る

今電車の中で、到着予定は後15分ぐらい掛かる

到着予定時刻を伝え、駅に到着
集合場所であるビックカメラ前に急ぎ足で向かっていると
とむからメールが入る

ついちゃった!

早えぇよ!

一先ずとむと合流しの車に荷物を置かせてもらって
たまごとしべが来る旨を伝えると私は
電車で到着する人たちの連絡網案内係となるべく駅内で待つことに
事前に、着いたら連絡をくれとメールを送っておいたので
到着次第連絡が来るはず
だが、荊棘さんから連絡無いなぁ~~
もう集合場所へ向かったのかもしれないなと思い始めると
閣下から

今名古屋駅につきました。

とのメール
閣下は今回が初参加なので顔が判らない
電話を掛け其れらしい人物が居ないか辺りを見回す
携帯で話しながら新幹線の改札から出てくる人物を発見
始めまして~と軽く挨拶後
集合場所へ案内

してる間にふぁB、ざっきー、ぁいるの三人が到着したようで
駅に逆戻り
近鉄線の改札口へ向かう
ほぼ顔見知りの三人を集合場所に案内中に

エセルさ~ん、マクドナルドでホットドックの無料券使っていいですか?

まぁ、出発予定時間までまだあるし
エチカ内のマクドナルドに行き
三人が買い物をしている間にまたしてもメールが入っていて
ミマから

着いたよー。

と連絡が入っていた
改札に向かい電話掛けるも通話中
相方に連絡をしたのかね
とむに電話し全員が揃ったということを確認
集合場所に戻る

戻ると共益費の徴収、名札の配布とくじ引きによる席決め
自分の籤用札を忘れたのか無くしたのか
何故か無いので私は仕方なく余っていた席に座ることに
がさっさと行われて
自己紹介するまもなく出発
荷物をとむの車に預けたまま、レンタカーの方に乗り込んでしまった
ま、休憩時に取りに行けばいいか

下道で一路下呂へ
私が乗ったレンタカーの方は初参加の二人
suzukageさんと閣下が居らず
荊棘さんとしべは二回目だが、ほぼ顔見知りな面々
     荊棘  相方
    ふぁB  スズメ
  私  ぁいる  ミマ
    しべ ざっきー
座席を上から見たらこんな風な席順
とむの車の方はわからないので割愛

出発して1時間もしないうちに

相方ートイレー

と、コンビニに寄って貰うことにした
まー其れは口実であって本当は
荷物の移動と飲み物を買いたかっただけなんですけどね
各自トイレなり買い物なりを済ませた後
コンビニの駐車場内で突然始った自己紹介タイム

自分の順番では前日から引きずっていたグロッキー状態の所為か
めちゃくちゃ小さな声でしたが
まぁ伝わったみたい
出発しているというのにまだ
オフ会という実感が湧いて来なかったのもあるんしょうけどね

コンビニを出た後
BGM程度になればいいかと持ってきたCDを掛ける
チョイスは助手席に座った荊棘さん任せ

一時間半ぐらい順調に下道を走り
2009年3月22日その12009年3月22日その22009年3月22日その3
道の駅ロックガーデンひちそうに休憩のため停車
2009年3月22日その4
日本最古の石博物館とか
見た記憶があるな~いつのツーリングだったか
そんなことはすぐに出てこない私は取り敢えず
軽く車酔いしたこともあって
近くを散策
2009年3月22日その52009年3月22日その62009年3月22日その7
中々いい写真は撮れず
車に戻ってみると

もう席替えのくじ引き済ませたから

と人の居ぬ間に今回のキモとなる作業を済ませたようだ
席は隣にズレただけ
そして、全員分の座席を思えているほどの記憶力は無いので
席順とかは勘弁

車内でBGMにすらなっていないCDの音を掻き消すように
色々と内容なんてこれっぽっちも覚えていないような話題で盛り上がる
地味に世代の壁を感じたり、この地方だけの習慣だったとショックを受けたり
諸々話す内に私のテンションも平常時に戻ったようで
昼食を摂る段になっては開き直ったのか
取り敢えず全力で楽しむようにしようとか思い始めた

で、その昼食だが
2009年3月22日その8
下呂合掌村隣の菅田庵という店の名物
トマト丼
別にトマトをご飯の上に乗せただけではなく
2009年3月22日その92009年3月22日その102009年3月22日その11
飛騨牛を使った牛丼にぶつ切りトマトをトッピングした代物
甘い味付けのタレにトマトの酸味が加わって
中々面白い味
だろうなと思ってたら、想像通りだった

古い日本の建築物でよくある
身長175センチ以上の方のみの頭上注意
今回はエンダーが不参加なので私が一番デカイわけで
頭をぶつけるイベントが発生しないか冷や冷やモノです
店を出る際に、エンダーの嫁と呼称されていた
荊棘さんに、唐突?
参加締め切り後に不参加表明をしたエンダーに付いて尋ねて見たら
まぁ、色々とあったようです
正直、話の最中に
2009年3月22日その12
こんなもの見つけたので
こちらの方が気になって仕方がなかったですけどね

その後席替えしたっけ?
私は結局終始、席の場所が殆ど動いておらず
記憶に残らない席替えシステムだったので
自分が発案製作実行した唯一の事柄だったのに
なんだか書くのも億劫になってきた

昼食を摂った菅田庵から一時間程度
今日泊まる宿の近くまで来てしまったので
一旦コンビニで止まり連絡を入れる
チェックインの時間より一時間ほど早いので
予定を前倒し
飛騨民族村の自由散策へ

散策をするとは言ったものの
興味を引かれるものは唯一つ
2009年3月22日その13
飛騨高山テディベアエコビレッジ
愛クマ主義とか書かれている
これは行かねばなるまい
癒されに行く為ではなく
まーくんを連れて喧嘩を売りに

撮影もお触りも自由とのことで
写真取り捲りの触り捲くり
2009年3月22日その14
いやー可愛いな~
2009年3月22日その15
まーくんが!
展示されているテディベアよりも
周りの小物の出来の良さに感嘆を覚える
2009年3月22日その162009年3月22日その17
なんて美味そうなチーズなんだ
中には機械仕掛けで動いているものもあり
2009年3月22日その182009年3月22日その19
パン屋さんのテディベアは動きがとても可愛らしい
他にも
2009年3月22日その202009年3月22日その212009年3月22日その22
4mサイズのテディベアとか
2009年3月22日その23
逆に滅茶苦茶小さい置物テディベアとか
写真撮ってないけどブライダル仕様の私より大きな二組のテディベアとか
汽車を動かしている風に展示されているテディベアとか
その列車の上にまーくんを乗せて写真撮ろうと思ったけど
動く物体にはめっぽう弱い私のカメラで撮ることは叶わず
その際に、他のお客の中学生ぐらいであろう女の子に

あの汽車に乗ってるクマさん可愛い

なんて言われてちょっとしたり顔
これ、私物なんです
と断りを入れるとその母親であろう女性が苦笑いで返してくれました
とまぁ色々と、テディベアの歴史とか見ながら
30~40分ぐらい堪能

出る際にクマみくじなるもをした
結果は、御神籤だし他人に言わない方がいいのか?
取り敢えず、写真は撮って無い

出ると向かいの店に全員?集まっていて
結局皆で行動するのか?
という空気になる前に
テディベアエコビレッジの隣の土産屋さんに移動
何か可愛いものモノでもあれば買っていこうかと
そんな気分で出向いたものの
引っ越すというのに荷物を増やしてどうする
という冷静な判断が気分をぶち壊す
結局特に買うことも無く
2009年3月22日その24
テディベア用の衣装をまーくんに着せて遊んでいただけって言う

気が付いたら周囲に誰も居なく
荊棘さんと二人
上行ったら何かあるかもと期待しつつも
坂道が結構きついので戻る
と、全員戻っていて
丁度集合写真を撮るところだったらしく
なんだかよく判らないうちに三脚をセットしてある相方のデジ一にて
パシャリ
ブログ更新用に私のデジカメでも撮らせて欲しかったが
フラッシュ焚き終わったら皆
車に乗り込もうとしてる所だったので諦めました

本日宿泊する民宿「長五郎」に到着後、先ずは
女性陣、荊棘、スズメ、ミマ以外は一つの部屋に集まり
部屋割りを決めるくじ引きを開始
先ず名札を集め適当に部屋割りの人数
4,4,2に配置
その後、私の分が無いので荊棘さんの籤札で代用して
くじ引き
結果
相方、たまご、閣下、suzukage
ふぁB、ざっきー、ぁいる、しべ
とむと私
という組み合わせ
正直、二人部屋でよかった
広く使えるし、何より寝るときにうるさくなる事は無いだろう
これでもし、二人部屋で相方とだったら
ツーリングのときと変わらへんやんか!
という突込みが入るところでした

無事に各自部屋割りが決まったところで
早速温泉
かと思いきや
夕食前の時間に合わせるためか
枚数二倍大富豪を開始
異様に盛り上がる
良い時間になったので
石風呂と檜風呂が一緒になっている夕方4時から8時までが男風呂
大理石風呂の夕方4時から8時までの女風呂
8時からは交代
に入りに行こうと思ったら
どうも人数制限があるようで
4人ぐらい入りに行ったところで定員一杯
余った男性陣は再びトランプでもして出てくるのを待つ

予定が、風呂に行ったと思っていた女性陣が
何か飲み物とか買ってきたほうが良いのではないかと
序に酒と肴も買って食事後に皆で飲もうと言うことで
近くのコンビニへ
とむが車を出し、一応のナビとして携帯を持ったぁいると
連絡兼荷物持ちとして私が買出しに

電話で何が欲しいか聞きつつも
結局こちらの
まー明日も朝早いしそんなに呑む人間も居ないし
人数の半分程度の酒量で良いかと
判断でそこそこの数の飲料を購入
戻ってから急いで風呂に入るよりも食後にしようということで
食事の時間までトランプ大会

待ちに待った夕食
2009年3月22日その25
メインの飛騨牛の焼き物を筆頭に
民宿らしいおかずがメインな立派な夕食
食べる気持ちを抑えられないのか
皆、テーブルに置いてあったマッチを使い
往々に鉄鍋に火を入れていく
御櫃からご飯もよそい、食べる準備も整ったのか?
というところで一応マスターからの一言
という項目が予定表にあったのか判らないが

皆さん早く食べたいと思うので、乾杯

と、全員お冷で簡単にグラスを鳴らして
なんか、皆食うのに必死なのか沈黙の食事会
という突込みをぁいるがしたことから発端に
まぁ賑やかになる
13人もいれば所々で話の花が咲く
中で、まだ風呂に入っていない私は
結構早めに食べ終えた後、とむと共に浴場へ

用意してる間にしべが
体を洗っている間にぁいるも入ってきて
定員なのか4人で浸かる温泉
というか、4人で石風呂に入ったら狭いの何の
露天風呂の石風呂には満足したけれども
檜風呂の狭さといったら無い
私が足を伸ばして入ろうとすると他に客が入れない
ような大きさの檜風呂ってどうよ
しかも非常に温く、水風呂かこれは?と思うような温度だった

明日、朝にもう一回石風呂に入ろう
と思いながら30分以上入っていた気がする風呂を出て
浴衣はMサイズ小さくて着れないだろう
という予想通りだったが為に持参したパジャマとシャツに着替え
一旦トランプ組みとPSP組みとで分かれ
トランプ組みは既にふぁB達の部屋に集まって騒いでいたので
PSP組みはとむと私の部屋でちまちまとディシディアの通信対戦を開始
私、とむ、閣下、しべ
の4人で通信対戦して盛り上がるかと思いきや
とむはディシディアのソフトを忘れた?
かなにかで、しべとも結局通信対戦せず
閣下と私の二人でやっていただけだったなぁ
部屋に二人っきりでPSPを向かい合わせて一喜一憂しているという図が
なんだが寂しく思えてきて
通信対戦を切り上げて皆が集まっている方へ移動

と、女性陣がまだ私服であったので何故か尋ねると
どうやら私と同じく石風呂に入りたいので
8時の交代時間まで待つとのこと
それまで人のPSPで遊んだり
トランプの盛り上がりを眺めていたり
傍観している人たちと話したり
何だかんだで8時まで時間つぶして
女性陣がお風呂に向かったところで
私も8時の交替になったら大理石風呂に入る予定だったので
風呂に行ってくるわ~と部屋を出る
が、誰もついてこない
部屋で準備をしているときに
荊棘さんがバスタオルが無くて~と
なんだか困っている様子だったので
ネタ用に持ってきていた
式の萌え萌えバスタオルを貸してあげた
特に面白いリアクションは無かった
残念

結局大理石風呂を独占状態で20分ぐらい入ってた気がする
部屋に戻り
なんとな~く疎外感を感じた私は
部屋に置きっぱなしだったので温くなっている
買ってきた飲み物を外で冷やしてくると言い
自分の部屋に持って行き
窓の鍵にビニール袋を引っ掛け外側にぶら下げ
障子を閉めて暖房を掛ける
布団も敷いて完全に寝る体勢も整え
持ってた禁書目録を読む

途中から眠くなってきて
完全に意識が飛んでいたときもあったが
結構な時間を読書で潰していたら
部屋の扉をノックする音
どうやら女性陣が風呂から上がったようで
バスタオルを返しに来た

全員が揃ってから呑みを開始する
ということにしたので、ぶら下げておいた酒を手に
トランプで盛り上がりを見せる隣の部屋へ移動
皆一様にカップを持ったところで
またしてもマスターからの超簡単な

かんぱい!

の一言で飲み開始
そんなに呑まないと思っていた私の目論見は外れ
酒が足りねぇぞゴルァ!
というので、今度は相方と又してもぁいるが
私服着ているからという理由で買出しに
たまごは散歩してくるといい同様に部屋を出た

その間残された我々は
酔っ払いの介抱(主にスズメを
職業柄なのか、suzukageさんがマッサージを始め
ふぁBのイタイイタイイタイという絶叫
人の不幸は蜜の味
では無いが単純に気持ち良さそうだったので
私もしてもらったら
皆して私も僕もと
suzukageマッサージ開業

そんなことしてる間に相方とぁいるが戻ってきて
酒とつまみが大量追加
又しても一気に無くなっていく酒
体中真っ赤になったとむとか
目は虚ろな閣下とか
耳が異常に赤く熱を持った私とか
完全に酔っ払ったのか私とざっきーに絡み捲くる荊棘さんとか
収拾がつかなくなりそうな所で
誰かすべらない話とかねぇのか
サイコロでも用意しろとか
談笑ムードに持ち込もうと思い
自分の部屋から席替え部屋割り用の籤を持ってきて
これをサイコロ代わりに出た人が何か話す
ということに落ち着けた

ぁいるのみかんのトラウマの話とか
ふぁBの修学旅行で宿の壁に穴を開けた話とか
ざっきーの高校のときの知り合いの中国人の話とか
suzukageさんの他のオフ会体験記とか
荊棘さんのピザ屋との出会いから今現在までの話とか
閣下の小学生のときの校長先生の話とか
とむによるはっぴぃせっとの前身から今に至るまでとか
相方と私のツーリングの話とか

色々と普段聞かないような
中々興味深い話を酔った勢いか?
ま、良い締めくくりになったんじゃないかなと
後からはそう思えます
ま、聞いてる最中
荊棘さんを手懐けるのに必死でしたけどね
あんたはネコか
日頃、溜まりに溜まったストレスとか疲れとか
その他諸々を一気に開放した
いや、介抱したのはまーくんというエサがあったお陰ですかね

その後各自部屋に戻り
私ととむは早々に電気を消して就寝
何時寝たのかも覚えてない
そして朝起きるまで眼の覚めることの無い
快適な夜を過した

多分二日目に続く


二日目

6時半ちょい前に起き
朝風呂と洒落込もうかと思うも
先客有り
しかも、石風呂の方が女風呂のままだったぜ
まぁ、物凄く雨降ってたので入っても寒いだけだっただろうが

仕方なく着替えを済ませ荷物を整理し
とむと二人、する事もなくテレビを見る
2009年3月22日その26
というのもアレなので
そういえば宿の写真とか撮ってなかったなぁ
と思って
2009年3月22日その27
適当にパシャリ
あんま面白くないな

朝食は何時なのか
予定では順次と書いてあるが
何処で食べるのかとか何時からなのか判らない
館内をうろうろしている内に皆起きはじめた様で
少し騒がしくなる
と、丁度昨日食事した広間が先ほど写真撮った場所から見えて
朝食を摂っている人が居る
ということで
2009年3月22日その282009年3月22日その29
朝食
こういうところの朝食は
基本的にご飯に合うものばかりのおかずで
ご飯二杯半ぐらい食べてしまった

出発予定時刻まで時間あるし
朝風呂にと席を立つとむに続いて私も
何だかんだで折角温泉があるのだから十分に堪能したい
という気持ちから
昨日の晩と同じく、食後直ぐに席を立ち風呂へ

とむ、私、しべ
の三人で湯に浸かり、雨の風景を見るでもなく
ゲームの話しをするでもなく
三人してぼ~っと湯に浸る
やはり朝から風呂に入るというのは良いね
狭いけど

風呂を出て荷物も再び整えて
出発するのか、と思ったら
隣の部屋でトランプやってる
大活躍やね、53枚のカード

席替えのくじ引きを終え
雨の中、相方ととむが車を取りに行き
さて、本格的に二日目の始まり
先ほども書いたが、天候は生憎の雨
出発して十数分
高山市内の古い町並み自由散策
をするべく車を駐車場に止め
いざ、出発しようとするも
傘が無いです~
というメンバーが五名ほど
私は折り畳み傘と普通のビニール傘の計二本持ってきていたので
問題無く、一本はしべに貸せるが明らかに足りない
仕方ない、コンビニで買ってくるか
と思って駐車場に入れたのに車を出したいと
駐車場の管理人に言うと
たぶん忘れ物であろう傘を貸してくれた

全員一応濡れない装備が整ったところで
陣屋朝市なんかを見る
地元のおばさんたちが隣の出店同士で世間話している
そんな空気の流れる
日曜の大須観音で行われるよく判らないフリーマーケットみたいなものか
と、名古屋人にもよく判らない様な例えが脳裏を過ぎる

眺めるだけで特に買うものも無く
一籠分のリンゴで500円とか買ってどうしろって言うのか
町並み散策の方面へワラワラと大所帯で進む
途中でぁいるに悪戯したのは私です
お、だんご屋がある
と言ったら、みんな食う食う
交差点の角にある店だったので
他の人の邪魔にならないように
他のメンバーより一足先に横断歩道を渡ると
荊棘さんとたまごが着いてきた

歩き始めたのでそのまま三人で散策開始
古い町並みと言っても
たまごも言うように
そこまで心惹かれるようなモノでもないな
と言うのが正直なところ
雨も降っているため写真も撮らず
適当に店を見るも
まだ開店時間ではない蕎麦屋とかお茶屋さんとか
抹茶と御菓子のセット
とか食べたかったが、準備中に入るわけにも行かず

歩いていると正面から団体さんと結構ぶつかるので
どうやら
普通に観光するコースと逆走しているようだ
と、ふと私の目に止まったのが
しょうゆソフトクリーム350円
これ食べたい
と、先に行ってしまった二人を止め
店内へ
2009年3月22日その30
ツーリングで色々な地方名産ソフトクリームを食べている私だが
やはり、去年の淡路島で食べた、たまねぎソフトクリームに適うものは無かった
しょうゆというよりかは
みたらし団子の甘い醤油ダレを食べているような
そんな味
とか説明している間
たまごと荊棘さんは
雨に濡れた、水溜りに突っ込んだ足が冷たくて
ストーブの前から動かないでやんの
酒蔵?の店なんだし
酒の試飲でもして体暖めるとかしないのかと思ったが
たまごは下戸だし
荊棘さんは二日酔い?と寒気でものっそい気分悪そうだし
火鉢の前に移動はするも、暖を取るのをやめない二人
私は店内を物色して土産用に酒を一本購入

雨降っているので散策の予定時間を短くして
早めに名古屋へ向かうことにしているので
ずっとここに居座るわけにも行かず
少し強引に出発を促し再度歩き始める
いよいよ持って荊棘さんの寒気がピークを迎えているのか
震えだす始末
たまごが着ているコートを貸そうか?というと

そんな大きいコート着たらぞろ引いてしまう

と、途中から理解できない言葉が出てきました
説明を聞くに、丈が長すぎて引きずってしまうことを
ぞろひく
と言うらしい
調べると「そろ引く」と言うらしいが
柔らかい布などを引きずる様を表す言葉だそうです
私が来ているダッフルタイプの上着ならそろ引くことも無かろうて
無駄に三枚もの長袖を着ている私が上着を貸して
断られたが強引に被せて
取り合えず駐車場に戻ってみる
が、誰も居ないので
喫茶店でも入って暖を取り時間を潰す
250円で紅茶一杯飲めるのは安いな

そろそろ予定時間ということで駐車場に戻ると
全員集まっていた
席替えのくじ引きをし
大して位置の変わらない場所に座る
出発後
suzukageさんは一足先にご帰宅と言うことで
一路高山駅へ

駅にあったコンビニで飲み物を買い
戻ってくると丁度
suzukageさんとのお別れの挨拶
また機会があれば~
と、簡単な挨拶を済ませお別れ
車内で近くに座ってもいないし
散策時も別々だったし
部屋も違ったので
マッサージしてくれた人
って言う印象しかないぜ

suzukageさんが居なくなった定員5名、乗組員4名のとむの車に
しべが突入
私も向こうに行ったこと無いから行きたかったが出遅れる
これが若さか・・・

出発後30分もしないうちに
道の駅ななもり清見にて休憩
写真は無い
ここで土産を買う
トマトカレー三つ
たぶん来週の土曜の昼飯になる
移動時間が短いので席替えは無し

ちょうど昼に
ひるがの高原サービスエリアに到着し
ここで各自昼食を摂る
寒いものだから麺類が多いですね
2009年3月22日その32
私も高山ラーメンを注文しました
車に戻ると
気分悪いからと寝ていた荊棘さんを起こしてしまったようだ
順次戻ってくるメンバーたちだが
とむの車に乗車していた人たちも
こちらのレンタカーに入ってくる
とむが戻ってきてない為に車に乗れないそうだ

この隙にトイレを済ませておこうと席を立ち
横殴りの雨の中再びサービスエリア内に戻ると
ちょうどとむとたまごが立っていて
もう皆戻ったことを伝える
トイレの序にコンビニでデザートを買って戻ると
又しても私の与り知らぬうちに席替えのくじ引きが終了
一つ後ろに下がっただけ
なんだかやり切れない気持ちを
買ってきた男のティラミスにぶつける
ようは自棄食い

土日の混雑は何処へやら
思ったよりも早く名古屋に到着
予定を前倒しして余った時間でカラオケかボーリングでもしようと
駅近くのコインパーキングにとむの車を停め
相方が車を返してくる間に
名鉄レジャックに向かう
が、ボーリングはあるが店舗改装中でカラオケがない
ので、前回の名古屋オフで行った所に向かう
方向的には戻ることに

12人と言う大所帯がすんなり入れるとは思っていなかった私は
受付で店員の人が後10分程で部屋が空きます
と言う言葉を三回ぐらい聞き直した
相方も合流
15分程度待ってから受付の人に呼ばれ
6時までのフリータイム、約三時間のカラオケが始る

取り敢えず部屋番号とマイクの入った籠を誰かに渡し
フリードリンク制なので
グラスの入った籠を持っていた私は
適当にコーラ、紅茶、オレンジジュース、ミックス?ジュースを注いで持っていく
混ぜるのは基本じゃない?

コーラとコーヒーを8:2ぐらいで混ぜると
泡が中々消えなくて黒ビールみたいになります

最後に部屋に入ってグラスを回すも誰も歌いだそうとはしない
トップバッターというのがどうやらプレッシャーになるようで
くじで引いた人が歌う
というまたしてもすべらない話ルールを採用
私の札が無いのでsuzukageさんので代用
言い出しっぺが最初に引けと言うので、引いた札が
suzukageさん
いきなり自爆と言うで出オチを見事に決める

取り敢えず無難に自分が歌えるバンプの曲
銀河鉄道
をチョイス
私は直ぐに咽喉が潰れるので、正直
一番最初でよかったかなと思う

んで、誰がどの順番で歌ったとか
思い出せるわけも無く
引いていくうちになんだか歌う人が偏り始めたので
既に歌った人は抜いて
一通り全員が歌うようにした

籤で引いて曲を入れてまた籤を引いて
とやると
予約はしたものの、いつ順番が回ってくるのか判らない
トイレに立ったら自分が予約した曲が流れていて
戻ったら途中から歌うとか、消されてて再度入れなおす
と言うような事態にならないので
このシステムは大人数のときはかなり有効だと実感
2009年3月22日その31
何だかんだで三時間と言う時間はあっという間に過ぎてしまって
最後の三曲ぐらいが一番異様な盛り上がりを見せたのは何故だろうか
弾幕ソングは偉大と言うことか

カラオケ終了後
ふぁB、ざっきー、ぁいるの三人は帰宅ということで
ここでお別れ
残った9人でファミレスでも行くか、と
普段全く名駅に来ない幹事二人は
何処にファミレスがあるかなんていう脳内地図はインストールされておらず
スズメの携帯で検索
最新機器って素晴しいね

ファミレスに到着するも
満席状態で30分ほど待つことになるという
他に探すのもめんどくさいと言うのでここで待つことに
コメダという手もあったが、待ち時間が同じなら移動したくない
とのことで、ファミレスの前で待つ
間に、ちょっと私は
本を買いに行きたいな~
というと、相方に呆れ顔で
行って来い
と許可を得る
中々にマニアックな本であるためか
ソフマップ、メロンブックスと見ても無い
仕方なく商品の配置が判らないアニメイトに足を運び
なんとか査収
レジで清算中に相方から電話
もう呼ばれたぞ~
とのことで急いで店に戻る

何を買ってきたんですかと
興味津々なしべ
別に卑しいものを買ってきたわけじゃないし
中身を見てもかまわないので店内で開封
他の人も簡単に回し読み?
ま、珍しい季刊誌で読者層は30代後半という雑誌ですからね
判る人にしか判るまいて

各自注文を済ませ
帰りの時間を気にしながら
商品が来た人から順次食事開始
一通り食事を終えたところで
荊棘さんが時間となりここでお別れ
おつかれさまー
と言ったところで
たまご、しべ、閣下と
なんだかいつもの雪崩ログアウトのように
電車で帰る人たちが一斉に席を立つ
座った位置的に
私、とむ、スズメ、ミマ、相方の5人は
地元、車、同じく車、まだ時間に余裕がある、地元
と、丁度反対側の四人が全員居なくなるという
なんともさもしい状況に
外で順番待ちをしている客も多いので
全員が食べ終わったところで早々に退散
コインパーキングへ向かい
とむとスズメに別れの挨拶を済ませる

だんだんと人が減っていく様を見届けると言うのは
終わりの実感を物凄く感じますね
あと、疲れも一気に出てきます
駅に向かって歩いていく歩調も
終わりを惜しむかのように
自然にゆっくりしたペースになっていました

相方がミマを見送るから
というので私は先に帰路に着くことに
昨日の朝、たまごからの電話が物凄く懐かしく感じる電車内
終わったんだと言う実感を感じながら
駅から徒歩10分
帰宅

全員無事帰宅連絡が入るまでは起きていよう
レポートを書いていようと意気込み
帰宅後早々に風呂入って気合を入れて
初日分を書いている途中
荊棘、たまご、しべ、閣下から帰宅連絡が入る
相方と連絡仕合、各自の帰宅連絡報告を聞き
一安心したところでオフ会は完全に終了

私としてはレポ書き上げるまでが終了ですので
終わりはもう少しですけどね

今回、言い出しっぺが何もせず
幹事業務は人任せ
唯一やったくじ作り
これが結構使えたな、と
席決め以外にも色々な場面で活躍?して
自作した甲斐があったと言うものです
でも、何故か
自分の札だけ見つからないのは何故だろうか
帰宅後、机の上とか持ってくる前に置いてあった場所とか
探したけれど見つからないの
何処に行ったんだろうか
今後も名札とくじは持っていったほうがよさそうですかね




この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/333-3f613bb3
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
詳しい日記でありがたやぁ~ですな。

お疲れ様でした。2日目日記も期待です。
Posted by ンフィ at 2009.03.23 01:36 | 編集
よくわかる日記でした。
萌えタオルに反応しないとね!!
Posted by はなはな at 2009.03.23 19:52 | 編集
2日目日記もおいしくいただきました。

車が別だったり行動グループが違ったりの内容のせいか
アナザーストーリー読んでる感覚で楽しかった。
宿についてからはほとんど一緒でしたが!

とりあえず色々とおつかれちゃんでした。
Posted by とむ at 2009.03.23 20:11 | 編集
お疲れ様でした

俺は写真は取ったのですが顔がもろ写りなので
全部載せられませんでした。
エセルさんに写真は任せた!(ぇ
Posted by しべ at 2009.03.23 21:07 | 編集
このオフ会唯一の心残りは目が覚めたらお酒が残っていなかったことですね!!

缶チューハイ初めて飲んだけどTDN炭酸水みたいだったぜ・・・
Posted by ZQN at 2009.03.24 19:53 | 編集
長いようで短い2日間でした…。

次のオフ会はいつかなぁ…。
Posted by たまご at 2009.03.24 20:16 | 編集
行けなかった分、レポ楽しみにしてました。
くそぅやっぱ行けば良かったな・・・

次回は参加したいもんです。
Posted by えんだー at 2009.03.24 23:12 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。