--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.07.05

孔丘盗跖

荊棘さんたっての希望により
何故か登山をしてきました
メンバーは
エセル(私)、相方、荊棘、ピザ屋(エンダー)、私の一つ年上の姉(以降、姉と記載)

姉は当初予定していた閣下の代替要員として
以前から行ってみたいと煩かったのでこの気に連れて行くことに



朝、6時半に起きて洗濯
リンレンの撮影も終わらせて、準備万端
相方にもメールし、いざ出発
と思ったが、相方が来ない
終始移動は相方の車ということで5人という少人数にしたわけだが
来ない
もしかして直接名駅に行ったのだろうかと電話
え?迎に来いなんて聞いてないぞ
うん、さっきのメールでは言ってなかったが
以前のメッセでは言ったと思ったが、まぁいい
集合予定時間11時に間に合わないわけではない
仕方がなくタクシーに乗って名駅太閤通り前へ到着
この時点で10時40分

相方に連絡
ピザ屋にメールし取り敢えず合流しようと金の時計広場に向かう
あそこ、待ち合わせ場所のメッカなので人が多すぎて
逆に人探しには向かないという
んだけど
私と同じような背格好の人間を探すだけなので
割りとすぐ見つかった
何故か相方も一緒に

どうやら荊棘さんとピザ屋が先に集まっていって
そこに相方が合流し
荊棘さんが用事を済ませに行った後だったらしい
姉が新幹線側の方に用事があって別行動していたので
一先ず、再び集合するために銀の時計広場方面へ移動

と、姉に蹴られる私
電話に出やがれ馬鹿野郎
出掛けている時は基本鞄の中に入っている携帯電話なんて
聞こえるわけも無く
なんて姉に無駄な言い訳をしていると荊棘さんも到着
無事にメンバーが揃った
よし、じゃあ出発

ではなく、私がまだ用事を済ませてないので
ソフマップ名古屋駅ナカ店へ向かい
初音ミク -Project DIVA-
を買う
社会人は普通に発売日に買いに行くとかちょっと無理があるのに
取り置き期間3日間という予約表はもう少し融通を利かせてほしいものだ

土日、遠方からの客も結構来て混むので早めに行っておきたい
即効で買い物を済ませ店の入り口の戻ってみると
誰も居ない
なんでじゃー
電話するも出ないし
店内に戻ってウロウロしてるとピザ屋以外のメンバー発見
んで、店内のものを物色し始める
お前らがとっとと用事済ませろと言うから脇目も振らず
予約表握り締めてレジに向かったというのに
なんだこの理不尽感は

ピザ屋が現れたところで
もう行くぞ
と先を促していざ登山へ

道中、相方の車の中で私がPSP持ち出して叩かれたりしながら
30分ほどで喫茶マウンテンに到着
看板とか店の外観撮り忘れたぜ

私は甘口メニューを頼む気満々
他のメンツはというと


取り敢えず色々摘みたい。甘口メニューが少なかったら頼む、半数が甘口頼むのなら通常メニューを

荊棘さん
甘口メニュー者のベースキャンプと成るべく通常メニューを頼もうかと

相方
甘口頼んで遭難する気満々

ピザ屋
迷っていたが相方の押しに負けて甘口を頼む羽目になる

ということで上記順に

2009年7月4日その4
甘口マーボー丼

2009年7月4日その2
ミックスサンド

2009年7月4日その3
野菜サンド

2009年7月4日その5
甘口キウイスパ

2009年7月4日その1
甘口チョコバナナスパ


Wikipediaよると

11月24日放送の「なるトモ!」の「なるトモ百科事典ギブペディア」で新作メニューの「甘口マーボー丼」[1]が登場。
しかし、あまりのまずさにキャスト陣が悶絶。一時スタジオ進行が混乱した。

代物らしい
マーボーということで
挽肉の代わりにコーンフレーク
豆腐の代わりにマシュマロ
でもナスはそのままシロップがけ?
で、餡の代わりに黒蜜が掛かったモノ

正直、本当にお世辞にも旨いとは思えない
駄菓子貸し
ここで負けるわけには行かない
案の定甘口を頼んだ二人は早々に途中下山

2009年7月4日その7
これは食べたとは言わないと思うぞピザ屋

2009年7月4日その6
相方も初めの勢いだけだった

荊棘さんと姉は最初に味見程度に摘むだけ
そんな中で黙々とスプーンを進め続ける私
2009年7月4日その8
上記途中写真とほぼ同時期に撮影した私の手に収まっている丼
あと少しだ
が、このあと少しが結構遠い
黒蜜がしっかりと染みこんだ白米は予想以上に気持ち悪く
しっかり噛んで咀嚼して嚥下してやらないと
胃から逆流しそうになる
それを押さえ込んで
最後に大好きなマシュマロを頬張り
2009年7月4日その9
完食
登頂である
しかしWikipediaよると
無理な食べ過ぎ等により気分が悪くなったりしてしまった場合は「遭難」と呼ばれる
とあるので、実質私は遭難したことになる
途中で荊棘さんに貰った胃薬を飲んでますからね

その後予定も特に決まっていない私たちは
取り敢えずコンビニ
私がかき氷食べたいと言ったものの
マウンテンでは誰も頼もうとしないため
仕方がなくコンビニで済まそうとしたためである
相方からは
こんなに甘いもの食べた後に甘いものを口にしようとするお前はおかしい
と、言われたが
あんな不自然な甘いものを食べた後だからこそ
ちゃんとした甘いものを食べたくなるんじゃないか

で、私はガリガリ君を食べながら
この後どうするかメンバーに聞いてみると
姉がネコカフェに行きたい癒されたい
との提案は
今、胃の中にモノを入れたくない
という理由から全員却下
言った本人も却下する始末

誰が言ったのか運動したいと言う意見が通り
ラウンド1のスポッチャへ行くことに
そういえば、はっぴぃせっと東京オフの時に行こうとして
待ち時間の長さに負けて結局ボーリングにしたんだっけな
ということを思い出し、一抹の不安もあったが
土曜日の昼過ぎだったにも拘らずすんなり入場
3時間色々と動き回る

テニス的なことやったり、掠りもしないバッティング
同じくボールに当らない打ちっ放し、ルールの判らないスカッシュ
反復横とび、反射神経テスト、なんか機械の上に載ってめちゃくちゃ振動するヤツ
インラインスケート、ビリヤード
初めは時間長いなぁ、なんて感想を抱いたが
気が付けば3時間はあっという間に過ぎていた

普段運動しない面々は
偶にこうやって動いただけで物凄く今日は動いた気になるんですよね
んで、翌日筋肉痛に悩まされるという
この時点で姉は帰宅するというので
一先ず家のマンションへ向かう
丁度晩御飯の時間帯なので
何を食べようか、何が食べたいかリクエストしてみると
アッサリしたものがいい
蕎麦か
却下だ!
と即効で相方の提案を却下
コイツと居ると蕎麦か寿司しか食べない
それも、コンビニかスシローである
安上がりだが趣も何もない
決めかねている内にマンションに到着
姉を降ろし、夕飯談義を再開しながら
相方の車は次の目的地へ向かってゆく

2009年7月4日その10
秋葉山公園
相方の職場から程近い位置にある自然公園というか

荊棘さんが相方のブログに上がっていた
ここからの夕日が見たい
ということだったので展望スペースへ
2009年7月4日その112009年7月4日その12
残念ながらの空模様だったため
それほど綺麗な夕焼け空とはいえなかった
行きたがっていた当の本人は
蚊に刺されまくっていた
一時間程度の滞在時間で
脚だけで17箇所、合計20箇所以上という記録
私はというとゼロ
この違いはいったい・・・
荊棘さんの血は栄養満点なんだろうか

そして、問題なのが今晩の夕食
蕎麦が良い相方と蕎麦で良い荊棘さん
そしてピザ屋に夕飯の事を尋ねると
蕎麦で良いんじゃないですか
と、まさかの過半数可決
車の中で寝てたんじゃないのか
思わぬ伏兵の登場により
昼にあんなパスタを食べたというのにまたしても麺
このあたりに知っている店なんかなく
相方の林檎携帯Sで検索
近くにあった和貴庵という所に行くことにした

ピザ屋の言うとおり
中華料理屋は○○軒、蕎麦屋は○○庵
のセオリーに従った和貴庵
2009年7月4日その13
店の佇まいが
一般人お断りな雰囲気をかなり放っている
が、他の店を検索する気もなく
いざ入店
メニューを見て一同絶句

一番安いメニューがざる蕎麦1000円ですよ奥さん
仕方がない、ここは腹を括って
それなりの値段のするものを存分に楽しもうじゃないか
ということで私は
2009年7月4日その16
湯葉丼とざる蕎麦セット1800円也
いやー湯葉丼の出汁の効いた餡と湯葉の食感が
美味
いや、これは上手い
蕎麦も咽喉越しが良いなぁ
なんて、その辺に居そうなコメンテーターの真似事なんかして
小鉢の方を見てみると

2009年7月4日その14
茄子に
2009年7月4日その15
豆腐に
2009年7月4日その17
黒蜜だと?!

マウンテンの悪夢再び
よもやこんな所で昼の再来がこようとは思いもしなかった
いや、マシュマロではないし混ざってもいないですけどね
黒蜜は向こう一月分ぐらい食べたので遠慮したい気分だったよ
そんな勿体無い事出来なかったけどね
値段的に

食事中
麺類だと無駄に食べ終わるのが早い相方と荊棘さんとで
やけにノリだけで進んでいく会話を
もう諦めているのか反論もしないピザ屋に代わって
私が諫めよう沈めようと大変の苦労をしていたわけです
まぁ、そもそもの話が
私が夏までにお台場に行って1/1ガンダム立像見に行きたいよな
なんて言ったのを
その場のノリと勢いで予定を決める馬鹿
相方が明日行こうぜ
なんて言い出すのを
個人的な理由を何とか押し付けて何とか沈めるも
もう既に頭の中には「何処かに出掛けたい」という欲求が刻まれている相方が
よし、じゃあ伊勢まで送ってくよ
から、伊勢うどん食べてコロッケ食べたい
になり、今から行こうぜ!
を、流石に時間的にいっても仕方がないだろう
と、宥めると
なら、豊橋まで送ってくぜ
と、矛先を変え始めたので
もう、金山で良いと本人が言ってるんだから送ってやれ

取り敢えず店を出た後、金山でピザ屋を降ろし
お台場は無理でも伊勢なら余裕じゃないか
という話にやけにノリノリな荊棘さんという味方を付けた相方に
最早打つ術はなく
カラオケオール後行くとか、今から行って車中泊は嫌だ
自分の布団で寝る
荊棘さんは家に泊めれるから
という、条件を飲ませ伊勢に行くことを了承する
でも、時間あるからカラオケ行こうぜ
というので2時間家の近くのカラオケ屋へ行く

朝6時半に起き、甘口メニューを完食し、3時間動き回り、1時間山で休憩後、2時間歌うとか
もうそんな体力この老体に残ってないわ
ご多分に漏れず3曲ほどで咽喉が潰れる私は
ドリンクバーでホットメニューを飲みまくりの咽喉暖めまくり
なんだか色々と懐かしい曲を歌ったり聞いたりした
相方の歌うDEENの夢であるようには最高だよ

その後、何故か相方もうちに泊まるとか言い出すので
もう好きにしやがれ・・・
相方は準備出来次第家に来るという方向で
取り敢えず荊棘さんを家にご案内
姉は呑みに行ったそうで不在
同い年の姉に、客人だ色々と必要なもの貸してやってくれ
と荊棘さんを任せ
私は取り敢えず一人分の寝床を用意
もう一人はリビングのソファにでも寝かせるつもりだった

色々と必要なものを一通り揃えた荊棘さんに先に風呂に入って貰っている間に
私は今日あった事を記すためにパソコンを起動
マウンテンに到着した辺りまで書いたところで相方が登場
荊棘さんが風呂から出たあたりで姉が帰宅
同い年の方から聞いたのは
今日帰らない、だったと思うのだが
数分の間に寝床が一つなくなる(姉が明け方まで起きているであろうから

ま、寝る場所の事は何とかするとして
相方と荊棘さんに暇潰しとして
ニコニコ動画でファイアボール全13話を付けた状態で
私は風呂に入る
この後すぐ寝るなんてことは無いだろうな
どうせコンビニ行って酒買ってくるとかなるだろう
とある程度の予想はしていつもより早めに風呂から上がって
よし、お前ら寝るぞ
期待値ゼロで言うと、当然のように
そんなすぐ寝るなんて勿体無いじゃん
なにがだ!
という突っ込みは最早意味を成さない
もう、修学旅行に来た高校生のノリである
酒でも買ってくると、相方と二人で
玄関開けて50秒で付くファミリーマートで
強引に相方の支払いにさせ、ツマミと酒を購入

この時点でもう1時半とかなんだが
正直寝たい
もうこうなりゃ自棄だ
私が先陣を切って開封
皆に注ぎ、乾杯の音頭は?
聞かれるまでも無い、グラスを付き合わせ
甘口完食2回目、私お疲れ様
で、始った深夜大人の修学旅行生晩酌会
もう眠くて何話したか覚えてないんだ

結局寝たの3時過ぎとかだったよな
姉がソファー使って寝て良いよと言ったにも拘らず
相方は掛け布団あればそれに包まって寝るよ
と言い出すので、冬用掛け布団を私の部屋に置き
残っている床スペースに包まって寝始める
私は自分のベッドに登り、荊棘さんは用意した布団に寝転がり
消灯
流石に疲れたし酒も入っていたので
二言三言何か突っ込んだ気がするが
それ以降意識がとんだ

そしてまさかの二日目が始る
これは最早超少人数のプチオフ会である

続きは後日












この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/351-9073d3ba
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
予想外の2日間オフにエッセルの体力急降下。
Posted by ンフィ at 2009.07.06 00:29 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。