--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.09.19

負ふかい

日曜日。
相方は旅先の証明写真?としてよく駅の写真を撮る。
去年イベントにてこちらに来た時は開場とアキバにしか行かなかったので、個人的にも撮ろうかなと思っていた。
周りの高層ビルとは趣をがらりと変えるいやに古めかしいレンガ造りの東京駅。
情緒あるのか無いのか判らない風貌がまた良し。
しかしカメラ出動せず。
どうやらこちら側は駅前というのにほぼ何も無く、テキトーにコンビニで朝飯を済まそうと思っていたが無理そうだ。
という事で反対側にでてみる。
こちらも何もない。
というか、本当に駅前か?と思えるほどあっさりしている。
この辺ぶらついても仕方ないと判断した我々は移動すべく再び駅構内へ。
で、何処へ行く?と訊かれても土地勘も何もない我々。
両者共に寝付けなかったということで何処か寝れるような場所は無いかと模索していると。
私が前回泊まった漫画喫茶に行くことになった。
それ新宿だから戻る事になるのか、とか思いながらも新宿へ。
1年前の記憶を頼りにウロウロしながら朝飯をどうするか、漫画喫茶で食うか。
両者どーでもいいのか決定権の譲り合い。
ダメ日本人を露呈しつつも目の前の ドトール が開店したので入店する。


えー、私こういうとこ来たこと無いので右も左も判らず。
なんとか注文を終え席に着く。
眠いというのにコーヒーなんか堪能してどうーするのか。
なにやら矛盾を感じずにはいられない中、何を注文したか忘れたが、食事を進める。
ふと、東京駅撮らなかったことを相方に問いただすと、デジカメの液晶が割れていることが判明。
見事な割れっぷりであった。
因みに誕生日プレゼントと称して譲った CASIO   EXILIM ZOOM EX-Z500 である。
ふと立ち上がったときに何処かにぶつけたらしい。
それでは何かと不便というか、何も記念に残らないだろうという事で私のデジカメを貸してやった。
流石コーヒー屋と言うだけあって、普段からコーヒー飲まない私でも旨いと感じるアイスコーヒーを充分に堪能した後、漫画喫茶にて仮眠をとることにした。
2人部屋はフラットタイプといい、椅子に座るのではなく約2畳分の部屋にパソコンが置いてると言うだけの部屋であった。
始めはパンヤとかハンゲとかやろうとしていたが、スペックが足りず断念。
相方は早速眠りに入った。
私はと言うと、部屋が狭く寝転がっても頭部が扉に当たりとても寝れる体勢にはなれなかった。
それでも何とか寝ようと試み、多分40分ぐらい寝たのだろう。
隣が煩くて起きてしまった。
仕方なくネット巡回をして時間を潰したり、見もしない漫画を探しに行ったりと予定の2時間が過ぎた。
相方を起こそうと試みるも全く起きる気配が無い。
パンヤを起動しカクカクのなかファミリーモードで暇潰し。
エロイアリンとクーで遊んでいるとやっと相方が起きた。

予定の倍近くを過ごし、時刻は11時になるところ。
どの道なにかすることがあるわけではないので、取り敢えず渋谷辺りまで歩いてみることにした。
歩きながらここは名古屋で言うところのここに似ているとか、何処に似ているとか。
地元人しか判らない会話をしつつ1時間半ほど歩いた。
東京に行ってまで何してるんだろうか。
こういうとき、足が欲しいと、原付があればな、と切実に思う。
相方が体調不良を訴えてきたのでテキトーにマクドナルドで休憩と昼食。
殆ど寝ていない中の適度な有酸素運動と空腹を満たした事により私の眠気ゲージはMAX。
ここからテンションは一気にレッドゾーンへ突入。
執筆のテンションも一気にダウン。
2時に秋葉原のヨドバシカメラで待ち合わせているクラブマスターと右往左往しながら合流。
来た事ないからここを待ち合わせ場所にしたと言う理由でヨドバシカメラに来たのであって、特に用事は無いのだとか。
仕方なく店内をウロウロ、何故か私の先導でホビーコーナーやらアダルトコーナーやらを廻る。
それにも飽きたのか、メイド喫茶を探すことになる。 その辺歩いていればあるだろうと言うなんとも安直な考えで、休日の歩行者天国となっているアキバを練り歩く。
明らかにそれらしき格好をした集団の後を付けていくと非常に密度の濃い場所に出た。
そしてメイド喫茶発見。
どれに入るか迷っているとマスターが妹系にしようぜと意思表示。
リアルで2人妹がいるからなのかそうでないのかは謎にしておこう。
中は完全撮影禁止であるし、元々私はメイド喫茶に興味は無いのでこれ以上の情報掲示はしないでおく。
どんな場所だったかは実際に行って体感すれば宜しい。
こんなところよりも明日行く事になる ここ のほうがよほど素晴らしい場所であったが、詳しくは後ほど。
で、気が着けば集合場所に向かう時間なので三度新宿へ。

集まるのに多少手間取ったが全員集まった事を確認し、予約してあった店へ。
私は眠気のお陰で食欲もなく会話も弾まず頭はぶつけるわで、なにか特に楽しかった記憶が無い。
2次会はカラオケへ。
意識を保つべくそこそこ唄ったが酒のお陰で声が出ず。
我々2人の終電が近いということで、ささっと解散して電車に乗り込む。
しかし、終電間に合わず このお方 のお世話になることに。
マジデ感謝多謝。
そういえばタクシー代払っていない。
いつか返します、多分。
高校からの友人も来ていたので合計4人で川の字になりご就寝
電気消してからの深夜トークで私の ぼくのぴこ 発言を最後に静かになったのは何か裏を感じたりした。
私は2次元ロリだがショタには興味ありませんよ。断じて。

この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/39-fe759a1a
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。