--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2009.10.25

杓子定規

物事を判断するときにはどうしても
自分の経験や感覚でしか判断できないし
私自身もそうだ
と書いたと思います

その判断が全て一つの基準でしか当てはめられない
融通の利かない人の事を杓子定規とよく言います

自分の定規でしかモノは測れない
小学生の頃、ランドセルに刺してビームサーベル!とか言って遊んでた
真直ぐな30cm竹定規

以前書いた、私の思考の二重螺旋
直情的な意見しかいえない人は正に定規でしか測れないのでしょう


私も自分の定規を当てはめて考えてはいるのですが
ひとつの線だけではなく
それ以外の方向性、見方、視点をいつも考えてしまうので
私の定規はきっと
雲形定規なんだろうな
と、ふと思いました

雲形定規とは
曲線を描くのに用いる定規で様々な曲線から引きたい曲線に合った部分を選んで用いる
雲の様な形をした定規の事で
製図なんかで使います
線を引いたり測ったりするものではなく
使う用途に合わせて定規の使いたい部分を選んで線を引く

他人の意見を聞いてからでしか自分の意向を言わない
自意識、主体性の無い自分にピッタリの定規だと思います






この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/395-47bd8ad7
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。