--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2010.03.14

遅疑逡巡

昨日、13日の土曜日はTWで所属しているクラブ
「はっぴぃせっと」の一年ぶりとなるオフ会

ふぁBの思い付き東京オフ

に特に断る理由も無いので参加してきた


2010年3月14日その1
金曜日の夜、仕事終わりにそのまま名古屋駅へ
自分の買い物を済ませお土産を買い時間を潰して
夜行バスに乗る
楽天トラベルで予約したのだが
確認のメールにはURLしか記載されていなく
何処の会社のどの時間であったのか全くもって判らなかったので
人だかりのなか、スタッフと思われる人間に手当たり次第
あのー
○o○○○○
って名前あります?
と訊き撒くってたんですけどね

夜行バスは基本的に
狭くて脚が入らない、周りが煩い、常時灯が明るくて寝れない
といった経験が多くて、なかなかしっかりと眠る事が出来ないでいたのですが
今週は残業も多かったから疲れていたのと
乗る数時間前に缶チューハイ飲んでおいた為か
割とよく眠れたほうであった
休憩時、到着時以外は目を覚まさなかったのは行幸

で、到着予定は6時過ぎだった気がするのだが
5時前に到着
姉に頼まれたおつかいに向かうにも早すぎる
といっても、新宿駅にずっと居てもする事もない
結局移動開始する事にした

寒いから無駄に歩き回って
2010年3月14日その2
5時25分になっていた
2010年3月14日その3
新宿から池袋まで行き東武東上線に乗り換えて下赤坂まで
まず、切符をどうやって買ったら良いのかが判らなかったよ
路線図から料金を見ようと思っても
JRのみだと私鉄は記載されておらず
こっちはJRと私鉄の区別も付かんので混乱
別の路線図で料金を確認
340円である
金額投入後、なんとなくタッチパネルを操作して切符購入
電車に乗り込む
というか詰められるといった表現の方がしっくり来るほどの乗車率
土曜の5時半だぞ?
名古屋じゃ始発が動いているかどうかの時間帯で
何この通勤ラッシュ
完全に人の流れに身を任す感じで池袋で乗り換える
東武東上線方面へ歩いて改札を通る
時に若干戸惑った
切符はどうなるのか
名古屋だと名鉄と地下鉄が一部の区間乗り入れていて
地下鉄の切符のまま地下鉄の電車のまま名鉄豊田線の駅で降りられるのだが
このとき改札は搭乗時と下車時のみであり
乗り換えが無い
金山駅や名古屋駅等の複数路線走っている場合は
切符はその都度買うものであり一枚の切符で移動は出来ない
因みに、中部圏一体ではsuicaもicocaも使えない
toicaがあるが利用できるのがJRのみの為、あまり浸透していない
話が逸れたが
現在は池袋駅の改札前である
切符を通してみる
切符が出てきた
2010年3月14日その4
これを東武東上線の改札に通すということか
なんか凄く新鮮
というか、交通網の発達度合いと
極限まで手間を省くこの姿勢が凄いと
ただただ関心してしまった

2010年3月14日その5
東武東上線下赤塚駅に到着である
ここから徒歩数分の場所にあるパン屋
2010年3月14日その6
ブランジェリーケンで買出しをしろ
との事なのだが
2010年3月14日その7
現在6時25分
移動開始してから丁度1時間か
店の開店は8時からなのでまだ一時間半ある
2010年3月14日その8
ので、某道化師チェーン店にて休憩
ここ、コンセント使えるのな
偽物語とアニメをPSPで見ながら時間潰し
2010年3月14日その9
さて、8時過ぎである
先ほどのブランジェリーケンに行き
菓子パン以外のパンを買ってこいとの事であったので
店員に
「菓子パン以外の全部下さい」
「え?よく判らないのですが・・・?」
そりゃ戸惑うわな
普通は自分の欲しい分を自分でトレイに乗せて買うんだもの
「甘いヤツ以外のでいいです?」
「いや、菓子パンって書いてあるの以外全部」
結構大き目のバケットに大量のパンを抱える店員
袋に詰めてはレジを叩き袋に詰めてはレジを叩き
を繰り返しているうちにレジ待ちの客が増える
迷惑な客が居たものである
私だった

合計22個のパンを抱えた私
こんなもの持ってオフ会に参加できるはずも無いので
コンビニで配送を扱っている店を聞く
「それなら向かいの米屋さんが扱ってるよ」
「そうですか」
「開くの10時からだけど(笑)」
「・・・。」
そんな時間まで待っていられないのだが
これは池袋まで戻ってから探した方が早いだろうか
なんて考えていると
「ヤマトさんならセブンイレブンさんが取り扱っているよ」
それを先に言えよ!
ということで、林檎携帯でセブンイレブンを探し
近くに三件あったのでその一つに行くも
梱包用にダンボールを貰おうとしたら無く
別のセブンイレブンに行きダンボールを貰い
予め持ってきておいたサランラップとジップロックを用いて
片方のレジを完全に占拠し黙々とパンを包む182cmの男がそこに居た
迷惑な客が居たものである
やっぱり私だった

2010年3月14日その10
梱包が完了し
配送手続きが終わったのは
2010年3月14日その12
9時半だった
もうこのまま集合場所である秋葉原に向かった方が良さそうだ
その前にトイレトイレと
駅で用を足しているときに見えた景色
2010年3月14日その11
シャッターに書かれている
ブラ
ショ
の文字

いや、特に意味は無いんですけどね
10時40分ぐらいに秋葉原に到着
電気街出口方面へ向かい
改札を出てすぐに見知った顔を見つける
既にふぁB、ZQN、らいる、ソフィが居た
各自にお土産を配る
何をあげたのか、各員の日記でも見ればたぶん判ると思うよ
その後すぐに天凛登場
今回がオフ会初参加となる
私にとって天凛のイメージは狩りの廃人だな
続いてたまご、少し遅れてしべが合流
9時過ぎにはもうアキバに着いたとメールが着たしべが何故一番遅かったのか

とはいえ、集合時間の11時にはsuzukageさんが電車の遅れで来てない以外は全員揃ったのである
姐さんが遅刻せずに来たというのが一番の驚きであったのだが
取り敢えず移動
目的地であるメイド喫茶へ
そんな有名店に行ったの?
と、写真を見た姉がいうほどここは有名らしい

メイドカフェアットホーム
メイド喫茶には全く興味のない私には初耳である
数年前の同じくはっぴぃせっとのオフ会で
私と相方ととむとスズメで妹喫茶に行って以来だな、こういう店は

エレベータに乗り込む際
2010年3月14日その132010年3月14日その142010年3月14日その15
こうやって写真を撮っていたために最後に乗ることになったのだが
ブーーーーーー!
えっと、これはマジで鳴っているのか?
出ると鳴り止む
どうやら重量オーバーらしい
前々回のときと同じく
電車ではないがまた私だけ一人おいてけぼりなのか
と思ったらZQNも降りた
気を利かせてくれたらしい
ネタが一つ消えた

で、店舗前である
先ず初めにマネージャーと思われる男性店員が
店の禁止事項やシステム紹介関連のプレートを渡してくる
簡単に内容を書くと
店内撮影禁止、勧誘や個人的な関係を迫るの禁止とかそんなもん
で、料金システム
入場料700円、60分時間制、各コース有り
簡易的な風俗店みたいだなぁおい
元々メイド喫茶に興味無いのに更にテンションが下がる
ぼろい商売しやがって

先ほど書いたが店内撮影禁止なので以降文章のみ

合計8人で座るのは無理なので、5人3人と分ける事になったのだが
今回の企画主催者ふぁBの独断で
ふぁB、たまご、私の三人と他5人で分かれる事に
店に入って席に座りメニューを渡される前に
イベント発生
発生というか開始
なにやら萌え萌えじゃんけん大会というものをやるそうだ
私は話半分に聴きながら
持ってきていたまーくんとfigmaドロッセルお嬢様と同じくセイバー私服ver.を取り出し
ポーズを付けて遊んでいた
迷惑な客が居たものである
それもやっぱり私だった
いや、でも趣味全開に出しても別に構わない気がするじゃない
こういう場所なんだし
なんて開き直りながら
ろくにステージのほうも見ずに
萌え萌えじゃんけん、にゃんにゃん、ぴょんぴょん、わんわん、じゃんけんぽん
と、無駄に長い掛け声の後
左手でセイバーを弄りながら右手の掌を開いて上げていた
司会進行役のメイドさんが
パーを出したご主人様~?
と、立ち上がると何故か私だけ
何が起こっているんだ
一瞬混乱、しかし一瞬で状況把握
アイコも負けの対象となるので私以外は全員がチョキかグーを出したのだ
20人ぐらい客が居るジャンケン大会の中で
一発で一人勝ちしてしまったのだ

進行役のメイドさん2人に促されステージに立つ私
何だこの罰ゲームは
優勝商品として萌えガチャとかいう
店独自のガチャガチャが出来るコインが貰えるそうだ
それを渡す前にご主人様にインタビューとか何を言っている
「どんなコスプレが萌えますか?」
コスプレには興味が無いのだが
無いものに好きかと聴かれても答えられるわけも無い
質問に質問で返すのはマナー違反だが答えられないので仕方なく
「それは実際に人が着ていないといけないのか?」
どうも、向こうは衣装が思いつかないと取ったらしく
「パーツでもいいですよ」
いや、パーツとかそういう事ではなくて
メイドさんは
「こういう場所だし、何でも言えばいいですよ」
とかいうのだが
そもそも私は現実に二次元的要素のモノを求めては居ないので
胸元を強調したミニスカのメイド服にニーソックスを穿いた
明らかに媚びた話し方をする貴方達みたいなのには興味は無く
二次元、平面世界でのみしか萌え要素を感じない
とか言ってしまったら
この店そのものを否定する発言になってしまうが?
と、逡巡していると
恥ずかしがって答えないのか迷っているのかと向こうは判断したんでしょう
「仕草とかでも見た目でも」
と、質問の幅を広げる
そこでパッと出てきたのが
「後姿、とか・・・?」
「後姿ですか!」
「なんか深いですね」
「こう、全部見えるんじゃなくて」
「チラリズムですね!」
「見えそうで見えないのがいいんですね」
とか言われ
初めの質問から完全にズレた会話内容になる
何この罰ゲーム

店に入って20分ぐらいで物凄い疲労感だ
正直どうでも良くなってきた
完全に開き直ったのである
ドリンクだけ頼んでとっととズラかろうと思っていたのだが
初っ端からあんな事があるし
たまごがなんだったっけな
ドリンクとデザートとメイドさんとゲームorチェキ、萌え萌えキャンディーとステッカー
が付いてくるコースメニューを頼んだのだし
こうなったらとことんメイド喫茶を味わい尽くしてやるぜ!
という事で、たまごより高いコースメニューを頼んだ
といっても、上記メニューにフードが付いただけなんだが
suzukageさんが到着し6人となった隣のテーブルは
皆ドリンクのみの様である

11時15分に入店したので退店時間は12時15分である
しかし、初めのイベントで大きく時間を使い
更に昼前で混んできた事も手伝って
なかなかメニューが届かない
ドリンクは届いたのだが既に12時である
因みにふぁBとたまごはみっくちゅじゅ~ちゅ
メイドさんが目の前でシェイカーをふりふりしてくれるサービス付き
私はメイドの気まぐれメルヘンティー
メイドさんが必要に応じて砂糖とミルクの量を調整してくれる
というものだ
「砂糖は何杯入れますか?」
「貴方の好みでいいですよ」
「甘党ですか」
「はい」
「じゃあ二杯ぐらいで」
つい答えてしまった
ミルクはにゃん、と言ったら注ぐのを止める
というので
「では入れますね~」
「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
「(いつまで入れるのこの人)」
「(溢れるまで入れてくれるのだろうか)」
「・・・・・。」
「(表面張力でカップが持ち上げれない程度にしようか)」
「にゃん、はい!」
「ちょ、勝手に止めるのありなのか!」
カップの半分がミルク、もしくはスジャータの飲み物が出来
最後に三人とメイドさんとで手でハートマークを作り
萌え萌えキュン!という魔法の言葉で愛情を注いで出来上がりである
コールドドリンクの二人にストローを渡し
ノリでホットドリンクの私にもストローを渡される
コーヒーカップをストローで飲むという絵はシュールにも程があるだろう
実際、大量のミルクのお陰で紅茶は冷め切っており
ストローで飲んでも何の支障も無かったのだが
ミルクを入れる前に混ぜなかったために
吸うたびに砂糖が固形のまま舌をなぞるんだぜ

ということが起きてから既に15分以上
昼を回ったというのに食事メニューが届かない
このままでは、今すぐにメニューが来たとしても
6分で食事とデザートを済ませ3分で写真撮影を終え1分で会計を済まさなくてはならない
無理だろう
残り10分近くになったとき
ようやく食事メニューが届く
これ、完全に時間オーバーするんだが
との質問に
大丈夫です
と答えるメイドさん
そらそうだろう、時間だからと強制退店させたら店の信用もなくなるしな

各自メニューは以下の通り

まぜまぜ桃色すぱげってぃ→ふぁB
メイドさんが萌え萌えな掛け声と共にまぜまぜしてくれます

ちょこっとビターなちょこれいとぱふぇ→たまご
特になし

ぴぴよぴよ♪ひよこさんオムライス→私
メイドさんがケチャップでお絵かきしてくれます
絵をくまさんに変更してくれるように要請
まーくんを目の前に置き
「この子を参考にして」
「こんなに可愛く書けないかも~」
ふぁBのすぱげってぃの萌え萌え掛け声の間に絵を描き終えたメイドさん
「困ったくまさんの出来上がり」
「まーくんは困ってねぇ!」
姉にはいつも困った顔してるって言われてるけどさ!
丁度左目上に八の字型にかかる様に毛があるけどさ!

食べてる最中にメイドに呼ばれる
先ほどのジャンケン大会での優勝商品
萌えガチャをしてくださいとの事でメイドに呼ばれる
選択権の無い全くの運試しのガチャガチャをしてくださいとのこと
コインを入れてくるっと廻して
何が出るかな~っと
ソロチェキげっとだぜ!
「って、なにそれ」
「メイドさんの写真がもらえます」
「メイドさんと写真撮るメニューあるんだけど」
「若干被りますね」
「(苦笑)」
「じゃあ、ステッカーありますよ」
と、この店でなのかこの界隈でなのか
結構有名なメイドユニットの一人がデザインしたステッカー
どんなものか実際に持ってきてもらうが
イラストとかじゃねーのな
文字が書いてあるだけのシールにどうやって価値を見出せというのか
「ソロチェキでお願いします」
「この娘凄い人気なんですけどねー判りました」
いや、知らないから!
その価値が判る人間ではないので
月に何十万とこの店に注ぎ込む様な客だったならば違ったかもしれないけど
隣の6人は既に会計も済ませた模様
こっちはまだメニュー完遂しても居ないのに
こちらを待つカタチで居座る6人だったが
混んできたし先に店を出て、あとで合流する事に

ゲームかチェキ、インスタントカメラでの撮影
を注文した人は呼んで欲しい名前をリクエストできるのだが
たまごは若干悩んだが結局そのまま「たまご」とすんなり決める
私はというと
別の読んで欲しい名前とか言われても
エセルさまだと立場が逆になるし
名前の元ネタはデモンベインのエセルドレーダ
マスターテリオンの忠実なる僕である
かといってぺっぺさまはイヤだ
山形弁で女性器の意
じゃあ本名?
もっと嫌だ
思考を巡らす内に
今朝方読んでいた偽物語の中で
千石が主人公阿良々木暦のことを暦お兄ちゃんと呼んでいる事に違和感
他人行儀だよ、それに私のお兄ちゃんでもないしという事で
(夫婦間で呼び合うように)あなたと阿良々木さんのことを呼ぶ
というエピソードを思い出し
あなたリクエストすれば貴方様になるじゃん
と思って
「じゃあ、あなた、で」
「あなたご主人様ですね」
ちげーーーー!
あなたご主人様だと
貴方は私のご主人様ですが?と聞いてるみたいじゃねーか
セイバーで遊んでいたから
問おう、貴方が私のマスターか?
を思い出しちゃったじゃねぇか
メイドという立場だから貴方様とは呼べないのか
あなたご主人様とアナウンスされたのに全く気が付かなかったために
テーブルまで来て直接呼び出され
他の客が
というか、シベがネコミミを付けて撮っていたのを見て
かなり引いた
他の客はウサ耳にウサ手袋までつけるという弾けっぷり
二次元では良いが現実で
しかも自分が付けるとか有り得ない
ので、それを回避するためにまーくんを連れて
自分で小道具を用意すれば向こうも無理に進めたりはしないだろうという考えで
ステージに行って
じゃーくまさんも一緒に撮りましょう
という事でこちらの目論見どおりに3ショットを撮影

私のデザートなめらかしょこらクマたんケーキが来て
あとは食べたら店を出るだけ
他の面子も待たせてるし、何より店の前の客が結構並んでる
待たすのも悪いしなるべく早めに食べ終え
身支度を整え
私は遊び散らかしたテーブルの上を片付け
会計はデザートを食べる前に済ませていたのでそのまま店を出た

合流前にらいるの誕生日が3月16日と近いために
ふぁBが何かイラスト集でも買ってあげようというので
私も何かネタであげれるものを買い
残りの6人と合流
カラオケに向かう

2010年3月14日その16


2010年3月14日その17
4時間のカラオケタイムである
メンドカフェで食事を取らなかった面々
隣のテーブルの6人がコンビニやらマクドで物資調達し
補給にかかっている最中
ふぁBが口火を切る
こういうオフ会のときには聴くが
全くしらないので曲名とか判らないのだが
というか、大半のネタ系統、水樹奈々の歌が判らないので
suzukageさんやふぁBが偶に歌う最近のアニソンか
ガンダム系の曲以外全く判らない
ので、ネタ作りに勤しむ私
だが、ここでfigmaスタンドとfigmaリンに付属するマイクを忘れてきた事に気が付き
致し方なく
2010年3月14日その19
ハルヒEDダンス風にお嬢様を躍らせてみる
2010年3月14日その18
飛ばないじゃない
2010年3月14日その20
空手よ
2010年3月14日その21
対決!
2010年3月14日その22
遊びすぎだろ私
最近カラオケに行ったときに自分ルール
一アーティストに付き一曲
を守りながら

MintJam Crying Moon
Sound Horizon 恋人を射ち落とした日
紅色リトマス 凛として咲く花の如く
いとうかなこ BLAZE UP
白石みのる シカイダーの唄
CiAKi KURiYAMA 流星のナミダ
戦場ヶ原ひたぎ (斎藤千和) staple stable

姐さんが歌わないので8人で廻して4時間
こんなものか?
忘れてなければこれだけ
他の人はたまごが懐かしいガンダムXのDREAMSを歌ったり
suzukageさんだっけ?ガンダムSEEDのINVOKE歌ったの
よく覚えてない
カラオケってその場は凄く楽しくて盛り上がっても
何歌ってたかなかなか思い出せないものだね
序盤は遊んでたってのもあるけどな
途中からしべが興味を持ち出したのか
セイバー私服ver.を弄り倒してたぜ
2010年3月14日その23
最終的に私が牙突ポーズにしてしまったけど

カラオケの最中に
先のメイドカフェでの優勝商品とか3ショット写真を忘れてきた事に気が付き
カラオケ後私だけメイドカフェに戻り
入り口付近にて接客していた
イベントの司会進行役をしていたメイドに
「あの~忘れ物したんですけど」
「え?・・??」
なんで覚えとらんのか
コイツ何言ってるのみたいなリアクションをとるのか
男性店員が
「チェキを忘れた方ですよね」
「あ、はい」
「こちらですね」
「あと、なんだっけ、キャンディーも貰わずに帰っちゃって」
「キャンディー?」
「連れの連中を待たしてたので急いで出たものですからすっかり」
「コースをお頼みになったのは2名様でしたね」
と、忘れた旨を伝えるまでも無く状況をしっかり把握している男性店員
コイツ、できる!
事の他あっさり回収出来た
2010年3月14日その24
時刻は5時半を回ったところ
2010年3月14日その25
空は赤みを帯びて来ているのに
2010年3月14日その262010年3月14日その27

アキバのビラ張りには余念が無い様子
ふぁBに連絡
合流後、昼だけのらいるが居なくなり
8人で移動開始

待ち合わせ場所のメッカ
渋谷ハチ公前に到着
何処から人がこんなに集まってくるんだ
といつも思うような人だかり
毎日が熱田祭り神宮の中みたいだ

今回の紅一点レーナと合流
就活で東京に来ているあんぱん先生がスーツ姿で登場
物凄い違和感である
見た目と、この集団に一人リクルートというのが
合計10人で移動開始

予約した居酒屋の横のゲーセンで時間潰し
といっても特にすることも無く
ただ駄弁っていただけですがね
私はあんぱんとレーナにもお土産を渡し
やっと無駄に持っていた紙袋が捨てられた
しかし、自分でも逡巡したのだが
アレをレーナに渡して良かったのだろうか・・・
まぁ渡す気で買ってはいたのだが
実際に目の前にしてソレを持っている絵というのが
なんとも
まぁいいや

時間になったので姐さんと別れ
再び9人に戻り居酒屋へ
2010年3月14日その28
適当に二つのテーブルに分かれる
ZQN、あんぱん、しべ、私
夜行バスであまり寝てないのと
パン屋とコンビニでの苦行
メイド喫茶での罰ゲーム的イベント
とかの疲労が一気に来たのか
物凄く疲れが出てテンションがかなり下降
取り敢えず
2010年3月14日その29
ご飯はまだですか士郎
2010年3月14日その30
野菜はしっかり食べないといけません
2010年3月14日その31
何か来る予感がします
2010年3月14日その32
これは?!
2010年3月14日その33
いただきます!

なんて事やってるから出遅れるんだよ
殆ど食ってねぇ

向こう側のテーブルでは
ふぁB、レーナ、suzukage、天凛、たまご
取り敢えず逐一喋っているsuzukageさんに弄られるたまご
それに乗っかるふぁB、更に煽るsuzukage
やり取りに呆れながらも笑う天凛とレーナ
という図が出来上がっていた

たまご、suzukage、ふぁBが声を揃えて

ソフィのふとももは気持ち良い!

と豪語し異常に盛り上がっていた


止まらないsuzukageさんのテンションはこちらにも波及し
取り敢えず単身でこちらのテーブルに乗り込み
低いテンションに飽きが来たのか
たまごを強引に連れ込み
ZQN、たまご、suzukage
たまご挟み撃ち
その向かい側にふぁBが座る
(たまごにとって)魔のトライアングルが完成
そこだけ新喜劇的空気が出来上がる

コース料理で時間制なので
ラストオーダーを摂り終り、宴も酣で御座いますが
というような締めの挨拶を誰がするか
順当行けば企画主催者であるふぁBだが
トライアングラーからはたまごと言う案
初参加者も挨拶をという事で天凛が
とか色々と議論が交錯する中で
紅一点であるレーナさんに決めて貰え
なんという無茶振りが通り
宛らゴチバトルの最下位決定か
堂本兄弟での女性ゲストの恋人選びである

トライアングラー達は全員下を向き目を瞑っていたが
こちら側
あんぱん、天凛、しべ、私は肩を叩かれる心配はないかと
完全に動向を伺っている
というか、たまごに押し付ける気だ
そのまま決まるのも面白くないので
レーナさんがたまごの肩に触れるタイミングで
とても良くある悪戯
第三者が別の人間の肩を叩き
あれ?なんで二人おんねん!
という展開にすべく、私はふぁBの肩を叩く

トライアングラー全員が顔を上げ
たまごとふぁBが同時にガッツポーズ
一瞬、あれ?という空気になったものの
ふぁBのテンションが勝ってしまい
そのままふぁBが一言いう事に

いや、その、すまないふぁB

その後、初参加者は一言言うんだよ
という流れがいつから出来上がったのか
私は知る由も無いのだが
suzukageさんが言うには自分もそうだった
しべもそうだった云々というので納得させられてしまったのか
本当に簡単な一言で本当にお開きに

渋谷駅に向かう途中
姐さんからふぁBに連絡があった
10時に飲み会終わるんだけど合流できる?
との事らしい
もう解散するで
で突っ撥ねたらしい
天凛とレーナさんは電車の都合もあるのでここでお別れ
なので、最後に集合写真でも
2010年3月14日その34
パシャリと
誰が誰だかは説明しない
とか言っても
女装癖の有る人間が居なければまず左端がレーナさんと判断できるし
唯一のスーツ姿はあんぱんと公言しているので
左から順番に
レーナ、suzukage、たまご、あんぱん、ふぁB、ZQN、しべ
あれ、天凛隠れて見えてないぞ
ともあれ、あんぱんとも別れ
それ以外の5人はたまご宅で一夜を明かすのか
なんだか麻雀やるとか言っていた気がするが
取り敢えず見送って本当に解散
2010年3月14日その35
時刻は9時40分
帰りのバスの時間まで1時間半ある
が、特に用事もないし時間が余ってはいるのだが暇潰しはあるし
取り敢えずバス乗り場のある新宿に向かう
その電車の中で
クリスピークリームドーナツが云々と姉が言っていたのを思い出し
駅に到着後
バスの搭乗場を確認してから林檎携帯でクリスピー略を検索
そこに向かう事に
しかし、グーグルマップに示された場所に言っても何も無い
コンビニや建物の位置はあっているので
位置情報や地図がおかしい事は無いはずだ
とウロウロと彷徨っていると一本の電話が
「もしもーし」
「おー今何処ー?」
「東京」
「そりゃ東京でしょうけど渋谷?」
「いや、新宿」
「新宿かぁー」
「で、悪いんだけど携帯ぶっ壊したあとアドレス長無くなって」
「うん」
「ごめん、だれ?」
「あーソフィソフィ」
「おー姐さんかどーした」
「ふぁB達と合流しようと思って電話掛けたんだけど留守電でさ」
「あーたまごの家に行ったよ」
「たまご?番号知らないなぁ」
「教えよか」
「メモ出来ない」
「八桁の番号ぐらい復唱して覚えろ」
「判った」
個人情報をこうもあっさり他人に教えるのは如何かと思ったが
知らぬ相手ではないしな
取り敢えずたまごに連絡を取ったみたいだ
数分後
「おーどうしたー」
「でねぇー」
「(地下鉄乗ってるからな)」
「知ってる番号だから態とでないのかなぁ」
「さぁ」
「もうこっちの飲み会終わるんだけどさ」
「ん?」
「そっちに行けば良かった」
「大学の友人の方が日常的に合ってるんだから話しやすいんじゃないのか」
「いやーあんま接点無かったからさ」
「何で行ったんだよw」
「面白いかと思ったんだよ」
「てか、繋がらないならもうしつこく掛けるしかないんじゃない?」
「かなぁ」
「おう」
「よし、もう少し頑張ってみる」
「がんばれ」
検索の仕方が悪いと思って
ブラウザで直接クリスp(ry を検索し
公式HPの店舗情報から新宿サザンテラス店を見ようとするも
フラッシュに対応してなくフリーズして落ちる
ので、今度はグーグルマップで新宿サザンテラスを検索
全然見当違いの方向じゃねぇか
無駄に30分近く歩いてたことになる
全く、と今度こそたどり着こうと歩き始める
「何べんも申し分けない、ほんっとうにごめん」
「どした?」
「ZQNの番号教えて」
「HAHAHAHAHA(米笑)」
「ほんとすまん」
「判ったか、もう一回いうぞ」
「おう」
「よし、おk」
「ありがと、掛けてみる」
「おーう、がんばれ」
「じゃ、また」
「オフ会でもあればな」
「メール送っとくわ」
「うぃ」
なんてやり取りを繰り返し
2010年3月14日その36
ドーナツ屋に到着
そこそこ並んでいたので姉に連絡
何が欲しい?と聴くと普通のが一番美味いと
他のはテキトーでいいよ
もう一人の方にも聞いてくれ
硬いヤツ
なさそうなんだが・・・
ま、判った適当に買っていくわ
なんてやり取りを電話しながら注文をする私
店員からすると迷惑な客である
何処からどう見ても私だった

土産を買いバスの搭乗手続きを終えるも
どうやらバスの到着に遅れがあるみたいで
30分ほど待つ
帰りは3列ゆったり独立シートのブランケットに首枕もトイレも付いている
高速夜行バスにしてはサービスの良いものにした
疲れてるだろうから行きみたいに4列スタンダードじゃ
寝れはしても疲れは取れないだろうしな
まぁ狭いのには変わらないのだが
膝下部分にもリクライニングが付いていて
脛を乗せる様になっているんだろうが
膝の位置が椅子に対して前にあるため完全に空振り状態
全く意味がない
が、本当に行きに比べるとかなり快適なのは確かだったようで
乗り込んでから寝支度を済ませ
発車と同時に意識が飛び
休憩の時間にもバスが止まれば目は覚めるが
寝返りを打ったら再び夢の中で
2010年3月14日その37
名古屋には気が付いたら着いていた
2010年3月14日その38
約31時間ぶりの名古屋である
しかし、寒い
なんだこの寒さ、歯がガタガタいって止まらない
早急に駅に向かい
23時間前の新宿では
通勤ラッシュさながらの身動きの取れなさだったが
一車両に片手で数えられるほどしか人が居ないガラガラの電車に乗り
地下鉄に居たっては一車両に2人しか居なかった
無事に帰宅

で、ここまで書いておいて戦利品の一つも無いとはどういうことか
と思われる方も居たでしょう
そう、メイド喫茶での景品と言うべきかなんというか
2010年3月14日その39
優勝景品のソロチェキ
もえジャン優勝オメデトー
2010年3月14日その40
流石に貴方ご主人様では長くて書けないのか
こちらではちゃんとあなたさまになってます
2010年3月14日その412010年3月14日その42
どこぞのクレジットカードのような会員証みたいなもの
あなたご主人さま
正しいけど正しくない!
2010年3月14日その432010年3月14日その442010年3月14日その45
コースメニューの記念品
メイド、萌えと書かれたキャンディーが8個入ってます
でもこれ
2010年3月14日その46
物凄くご近所さんで作ってるんですね
名古屋市西区って・・・


なんだかオフ会以外の時間は完全に
はじめてのおつかい状態でしたな
朝はパンを店員が一回で理解できないような数の大量な買出しをし
夜は迷いながらもドーナツを買ってくる
姉に尽くす良い弟を演出したいわけではないのだが
いや、ドーナツ美味しかったけどね
今度名古屋にも出来るらしい
3月17日にタカシマヤか
物凄く行列できるんだろうな
空いた頃か気が向いたら買ってこよう






この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/447-faa4b9f8
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
オフレポお疲れ様ー
きっとアクセス数が多くなるはず!
Posted by ンフィ at 2010.03.15 23:46 | 編集
オフ会お疲れ様です

萌キャンディの製造場所は盲点だったわww
Posted by しべ at 2010.03.16 10:05 | 編集
あなたご主人様糞噴いた
Posted by ZQN at 2010.03.16 20:35 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。