--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2006.08.13

真理

以前、全く興味が無いと書いたナァ・・・
理解していなかったんだろうナァ・・・
基本理念は変ってないんだけどナァ・・・


2006年8月13日

左上の2つの本は同人誌です。

以前からも既知の作家さんやゲーム原画家のものは多少買っていました。
ファンとしての当然の真理であるとして。
興味が無いにも拘らず、たまにこう、知っている人のがあれば見本を見、戻して、を繰り返していました。
時間があるときの暇潰しにはもってこいだったのです。
今日もそうでした。
予定外に時間が出来てしまった私は、虎の穴を意味も無くブラブラしていました。
そこで目に付いたのが右側の赤い方。
メカ娘 のデザインしている 島田フカミネ氏 の夏コミ新刊です。
夏コミ判らない人はぐぐってください。
しかし、左の白い方は見本を見て面白かったからつい買ってしまいました。
値段もお手頃でしたし。
そうやって色々見て廻っているとハルヒのコーナーに物凄い量の同人誌が入荷していました。
つい、手にとって仕舞いました。

ココで実況を一時中断して、私的脳内回路同人誌についてをお送りします。

同人誌というのは漫画家の卵の方々や、趣味で漫画を描いている方々等。
様々な作家さん、サークル活動をしている方が描いたものです。
私はそういった中の大手サークルとか有名な作家さんとか全く判りません。
全くの無知です。
何か新しいもの手を出す時、偶然やキッカケ、他のモノからの繋がりからそれを知る。
そして手を出して染まってゆくのだと思います。

ハルヒというヲタク界本年最大級の地震津波台風がキッカケとして、私も呑み込まれ様としていた。
さて、ハルヒという作品が私にとって、どういった関わりがあったのかを少し羅列してみよう。
正月明け、アニメ化の報が各業界に響き渡る。
このとき私は名前は知っているという程度。
4月、待望のアニメがスタート。
ネット上で第1話及びEDダンスの神懸り的精度を誇る京アニの凄さが話題になる。
どれほど凄いのか見てみる。
何処が凄いのか纏めたサイトを見てからであったので、逆にその凄さに圧倒される。
しかし、これがなんなのかさっぱり判らず次回も見ることにする。
そして面白さとアニメの出来としての素晴らしさに惚れる。
漫画版も流れで買ってしまう。
人気絶頂のまま全14話で幕を閉じたハルヒ。
続きを知りたくなり前作小説全巻購入。
そして現在、DVDシリーズ購入。全巻購入予定。
まさにドップリ嵌り込んでしまった作品となった。
ココまでハルヒに浸かって私。

こうした症状は同人業界にも当然のように現れる。
その流れに乗るのかどうか。
この辺の判断である。

同人誌を書く人は私が思うに。
元ネタにしている作品が好きだから
今流行っているし面白かったから
というような理由で書いているのだと思う。
あくまで推測であるので、これが総てであると思わないで下さい。
私自身そうは思っていません。

では、購入側としてはどうだろう。
まずは、当然私のように知っている作家さんやサークル、原画家などのモノはファン心理として購入するでしょう。
好きな人が描いている作品ならば見てみたいと思うでしょう。
2つ目に、元の作品を知っていて、それが(主にキャラクターが)好きであるから。
ある作品が好きであり、自分の思い入れとか思い描くキャラクターと作者との共有感。
あぁこの人もこう思っているんだ、という仲間意識というか。
3つ目に、主に18禁作品に該当する事ですが、作品内では有り得ない展開を見せてくれるもの。
自分の好きなキャラクターがこんな風になってくれたら、という願望の欠片を同人誌というパーツで補う。

2と3はあまり変わらない気がしますが、私の中では大いに違うので別けさせていただきます。

こういった理由があるんだと思います。
私の中では有ります。
そういうことにしてください。
そうしないと話が進みませんので。
私の中で1は今までも当然のように存在している部分。
なんであれ、好きなものは好きなんですという真理。
そして2、これが今まで無かったんですよ。
作品のキャラクターというのは、その作品中であるが故のキャラクターであり。
それ以外の状態、劇中外の出来事や他キャラとの絡み合いというのはおかしい。
キャラクターとは一作品中の一部であり構成要素である、という考え方である。
ハルヒ以外の作品は皆そういう観点で見ていた。
が、ハルヒの様々な分野での侵食率は凄まじく、とある大学教授の一言更新やウィルスにまでもハルヒが登場。
キャラクターが一人歩きし始めているのをサイトを見ているうちに知り、そしてそれが私の中で当然のことになった。
こういうハルヒも当然だという感覚に陥った私は、同人誌の作品内のハルヒも見てみたいと感じた。
因みに内容は18禁です。
2の心理が理解しかけていた時、ふと思い止まる。
私は3のような内容を望んでいるのか、それを理解できるのか。
そりゃ私だって生物学上雄としての機能、本能は持ち合わせている。
故に欲望に逆らえない部分はある。
が、ハルヒという作品を見ていた私はそこまで望んでいるのかがまだ判らなかった。
なんというか、天使と悪魔が戦って、引き分け再試合時期未定のような。
妙な心理状況で買うのを止まった。
まだ私の中では原作イメージの方が強かったのか、ちゃんとした意味での同人誌を手にするのはまだ遠いのではないかと思った。

ヲタクの一つの基準としての同人誌は私にはハードルが高そうです。


なんか、エロ本買う時の変な言い訳の為だけに、こんな文章を書き撲ったのかと思うと若干の溜息が出ますな。




OMEGA 2-D 初心者歓迎!連ザ本  294円
digital bs tuners 幻の歩兵戦  1155円
バンダイ U.C.ARMSGALLERY03×2個  566円
コトブキヤ ONE COIN FIGURE COLLECTION うたわれるもの×6個  2706円
コトブキヤ 灼眼のシャナ シャナ  3780円
KADOKAWA Entertainment 涼宮ハルヒの憂鬱 1 限定版  6445円
小学館 D-LIVE!! 第15巻  530円

この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/47-82bce79b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。