--.--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2007.04.21

机上の空論

昨日テレビで、なんだっけな、太田総理がどうのって番組。
TVタックルの爆笑問題版みたいなヤツ。
それの討論内容が
教育に体罰を認めるか否か
だったんですが。

私が小学生の時代はまだ体罰というか
教師、担任に叩かれる蹴られるというのは日常茶飯事
と言うほどではないですが、それなりに行われていました。
私自身、担任の先生に叩かれたりしたのを覚えています。
それにはちゃんとした叩かれる理由が存在し、それを自覚させ
その行為に対する戒めというか、ケジメを付ける為の力の行使
だったと思います。

その先生のやり方、というかシステムというか。
ただ単に叩くような事態がが起こった時に一方的に先生が叩くだけではなく
回避方法もこちら、児童側にも与えられていました。
授業中や放課後を問わず、児童が何かしら「良い行動」
どういう基準が「良い行動」かというのは基本的に先生の基準だったと思いますが
例えば
私の世代の学年は児童数が極端に落ち込んでいた時期で
一クラス35人程度で3クラスしかなく、生徒会役員を決める際
クラスから一人必ず生徒会役員を一人選出しなくてはいけなかったんです。
遊び盛りの時期に進んで部活でもないめんどくさい事を
進んで請負う児童と言うのはなかなかいません。
そういう時に自ら率先して立候補する。
こういう模範的というか、良心的行動をとった時に
叩かれる状況になった時のビンタを回避するスタンプカードを
その児童に配布していました。
スタンプカードが無い時は出来るだけ怒られないように、叩かれないように
自分の行動や言動を直すような心構えでいれますし
それが次第にスタンプカードがあっても無くてもする様になっていきましたしね。
飴とムチじゃないですけど、褒める時と怒る時とのバランスが
先生と児童との間で良く出来ていたと私は実感しています。
まぁ、私は怒られた時にスタンプカードを行使することは無く
これなりに貴重なモノと認識していたのか、貯める一方でしたけどね
この頃からコレクター収集魂が芽生えていたのでしょうかねー。

こんな風に育ったからか、
最終的な手段という、教員側の権力の誇示と言う風ではなく
あくまで、教育の一手として、やり方さえ間違えていなければ
体罰は認めてもいいと思います。

反対派の意見の中に
生徒と向き合って話して、諭して、心を動かせれば
叩いたりされなくても人の傷みは判らせることが出来る。
と言っていましたが
ただ単に見て聴いただけで物事を理解できるような人間がいるとは思えません。
確かに映画を見たり小説を読んだりして感動、感銘し心動かされ
心身入れ替えて再出発
なんてことになる人がいるとは思いますが
それはごく少数の精神的に育った人間の出来ることであって
まだ未熟な小中学生が心身打たれて云々になるとは思えない。
また、そういうことを諭せるような教員が居るとも思えません。

人は経験するからこそ学習できるのだと思います。
自分が叩かれたり人を殴ったり、体験してもいないのに
叩かれたら痛いんだよ
という知識だけで
子供が人の言う事を訊くとは思えない。


以下補給物資
2007年4月21日

トイズ・プランニング   機神飛翔デモンベイン アル・アジフ  5780円
コトブキヤ   灼眼のシャナ シャナ 水着Ver.  5980円
ALTER   Fate/hollow ataraxia ライダー 水着Ver.  5780円

アルは元々買う気が無かったけど
現物を見たらやっぱり欲しくなっちゃったんだよね
シャナは 少尉とか 通常版 買わなかった分浮いたんで
その代わりというか、出てたから買ったというか
ライダーさんは予定通りです。



この記事へのトラックバックURL
http://athletaaeternum.blog97.fc2.com/tb.php/95-77d45567
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
はじめまして^^

私の芸能サイトで
こちらの記事を紹介させて頂きましたので
ご連絡させて頂きました。

紹介記事は
http://blog.livedoor.jp/blog002006/archives/50082468.html
です。

これからもよろしくお願いいたします^^
Posted by しょこたん命 at 2007.04.21 20:36 | 編集
度を過ぎない体罰は俺も必要だと思います。
馬鹿は動物やペットと一緒です。
言葉で説明されてもわかりません。時にはわかろうともしません。
そして俺も小さい頃は”馬鹿”の部類に間違いなく入るであろう悪童でした。
しょっちゅう怒られてましたが、体罰は滅多にありませんでした。しかしそれが逆に「体罰を受ける程の悪い事」だと事の重要さを理解させるきっかけになりました。
 
現在、生徒を虐めたり、セクハラを楽しんだり、下種な教員も増えたかも知れませんが、全員が全員そうだって訳じゃないのに子供が殴られたら事実確認もせずにすぐに「体罰教師はやめさせろ」と進言する無能な親が多くなったそうですね。
この人たちは自分達が子供の頃に体罰を受けた時に嫌だなとかウザいなとか考えただけで自分のした事についての反省をしなかったんでしょうね。
そんな親の話を聞いていると虫唾が走ります。
云ってしまえば体罰教師よりも、体罰を受けさせないといけない程度にしか子供を躾けられていない親の方が問題なのですから。 
 
話は逸れましたが、体罰教師が問題なのではなく、無意味に体罰を課す虐め教師が問題であって、そこを履き違えてはいけないと思う。
そもそも道徳を説くだけでそれを理解できる人間ばかりならばいじめや犯罪者、しかも再犯なんてエラーはそうそうに発生しませんからね。
 
初コメントで駄文長文失礼しました。
これからもちょくちょくきますねー。
Posted by ふぁ~B at 2007.04.21 22:34 | 編集
>ふぁ~B
うわ、なんか真面目な事書いてるっ(失礼
親にも問題があるとは私も思うんですけどね。一応、議論は体罰云々だったのでその辺まで踏み込まずに書き終えちゃいました。
三つ子の魂百までと言うように、幼少の頃にきちんと躾けないと第二次成長期に入ったりして力や知恵が付くと、なかなか更正出来るものもできなくなりますからね。
このあたりはまた今度煮詰めて記事にするか。
Posted by ぺっぺ at 2007.04.22 22:39 | 編集
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。